スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

高尾山日帰り

高尾山とは

関東山地の東縁に位置する山のひとつ。明治の森高尾国定公園に指定されており、キャンプやバーベキューなど、また、植物の採取、鳥類の捕獲も禁止されている。

中腹には、数多くの建物や文化財を有する高尾山薬王院の他、サル園・野草園や標高500mからの夜景を楽しめる高尾山ビアマウント(夏季限定)等がある。山頂には、展望台や高尾ビジターセンターがある。長さ1,697kmの東海自然歩道の起点でもある。また明治以降、高尾山薬王院の参拝客に元気をつけてもらおうと振る舞ったのが始まりのとろろそばは高尾山の名物であり、ふもとから山頂に点在する各店がそれぞれメニューを提供している。

暖温帯系の照葉樹林帯(カシなどの常緑広葉樹)と冷温帯系の落葉広葉樹林(ブナ・イヌブナ・ナラ・ホオノキなど)・中間温帯林(モミ・ツガなどの針葉樹林)の境界に位置するため植生が豊かであり、しかも都市部に近い割には比較的よく保たれている。

高尾山は、東京近郊の行楽地として有名であるが、元来は修験道の霊場であり、真言宗智山派大本山高尾山薬王院有喜寺の寺域となっている。高尾山という名前から真言密教の聖地の一つ・京都高雄山神護寺に見立てられたこともあり[3]、天然の森林が守られてきた。中世には、八王子城(慈護寺城)主北条氏康・北条氏照親子がこの山を保護し、氏照による「本山の竹木の伐採を禁じる」という制札が薬王院に残されている。江戸時代にも幕府直轄領となり八王子代官・大久保長安が山林保護政策をとり、その書状が同じく薬王院に残されている。その後も帝室御料林、国有林と常に保護されてきた。明治以降、牧野富太郎をはじめ、多くの研究者により高尾山が最初の発見地として新しい植物が発表された。

山頂から東側は八王子市や相模原市などを中心とした関東平野の街並や、筑波山、房総半島、江の島まで眺めることができる。また西側は丹沢山地や富士山を見渡せる。冬至の前後数日間には、富士山の真上に太陽が沈むダイヤモンド富士を見ることができる。また八王子八十八景にも選ばれている。また、高尾山には古くから天狗が存在しているとの伝説もある。
オリエンテーリングのパーマネントコースも整備されており、トレイルランブームも相まって競技に興じる人がよく見られる。『出没!アド街ック天国 』においても取り上げられた。
1971年から毎年春と秋に高尾山から陣馬山にかけてのスタンプハイクというイベントを開催している。
(ウィキペディアより出典)

【アクセス】
電車:新宿駅→(小田急)→高尾山口駅→(徒歩)→稲荷山コース入り口
マイカー;高井戸→(中央道)→八王子→(圏央道)→高尾山IC→(一般道で3分)

【装備一覧】
ザック:OMM/オーエムエム JIRISHANCA35
ニット:bailo/バイロ KNITCAP1M
ハードシェル:bailo/バイロ eVentjkt 1M
ハードシェル(パンツ):bailo/バイロ Microcord stretch 2.5L RAIN PANT 1M
ベースレイヤー:bailo/バイロ YATSU-J 1M
セカンドレイヤー:bailo/バイロ AILAFLEECE1M
ミッドレイアー:bailo/バイロ NUNAVUT VEST 2M
ミッドシェル:bailo/バイロ MONTANA JKT 3M
シューズ:FITWELL/フィットウェル BIG WALL ALP
アイゼン:BlackDiamond/ブラックダイヤモンド crampons
ポール:fizan/フィザンcompact
クッカー:jetboil/ジェットボイル sol
ヘッドライト:Black Diamond/ブラックダイアモンド コズモ
【装備のポイント】
装備は上から下まで全身イタリアのブランドバイロで統一!前日の大雪を考慮し少し暖かめの装備を用意しました。雪対策にアイゼンを用意しました。

【難易度】
初級:子供からお年寄りまで老若男女問わず楽しめる言わずと知れた観光スポットです。

【ルート】
ケーブルカー清滝駅→稲荷山(展望台)(50分)→高尾山山頂(50分)→五号路(15分)→みやま橋(四号路)→二号路→一号路
※雪の影響もあり、4時間半程の山行となりました。

稲荷山コース麓
本日は、高尾山日帰り!言わずと知れた観光名所です。写真は陽さん、いつもの如く2人で山頂をめざします。因みに陽さんも全身バイロ。東京アウトドアライフチームはこのブランドが大好きです。
気温は4度くらい、麓から結構雪がありませが、気温は高く良い感じです。

稲荷山コース山道
コースにはかなり雪が残っています。回りの登山者は皆さん軽アイゼンを装備していました。

展望台
小一時間程で丁度中間地点である稲荷山展望台に到着、雪が無ければ50分程で到着します。

展望台 景色
展望台からは東京の景色が一望出来ました。

稲荷山コース 分岐
稲荷山コース山頂付近にある三叉の分岐点です。

高尾山 山頂
そして山頂に到着ここまで約2時間かかりました。流石に観光名所だけあって辺りは登山客でいっぱい!山頂もかなり雪が積もっており、人が踏み固めたところ意外は、膝くらいまでうまります。

山頂 昼食
さてさて待ちに待った昼食!本日はカレーとみそしるです。ご飯は私が用意し、他は陽さんが用意してくれました。
いつもは時間的になかなか頂上で味わえない昼食ですが、今日はユックリ良い景色を見ながら美味しいご飯を食べられます。嬉しい~

山頂 昼食準備
ジェットボイルは熱伝導効率がとても良く、風が強い時でもあっという間にお湯が沸きます。しかもチタンなのでとても軽量コンパクトです。

高尾山 山頂 甘酒
カレーを美味しくいただいた後は、デザート替わりの甘酒で乾杯!これは嬉しい!陽さんが持ってきてくれました。ナイスチョイス!

高尾山 下山
さて、お腹も満たされたところで下山開始!まずは山頂脇にある4号路から吊り橋を見て帰ります。それでは出発~!

高尾山 四号路
ここでアイゼンを装備。雪がかなり積もっていて、道も細くバランスを崩すと危険です。それにしても最初にここを通った方は大変だったでしょうね。頭が下がります。

高尾山 みやま橋
そして、目的の吊り橋みやま橋です。人気のスポットだそうです。頑丈そうな橋ですね。でも雪が沢山積もってます。

浄土門
これは「浄心門」というそうで、ここから薬王院の境内であり聖域であることをしめしているそうです。ここもポピュラーな観光スポットです。一号路にあり、ケーブルカーで登るとまず最初にお目にかかる場所です。

たこ杉
高尾山の人気パワースポットの一つ「たこ杉」です。その昔、参道を切り開く際に、道の邪魔になると切られそうになった根をたこの足のようにぐにゃりとまげたという言い伝えがあるそうです。その横にある「開運ひっぱり蛸」は、撫でて拝むと運がついてくるといわれています。こちらもケーブルカーからすぐのところにあります。

ただ、申し訳ない事に、肝心のたこ杉を撮影し忘れてしまいました。申し訳ありません・・・

高尾山 お土産屋
高尾山登山も終盤、浄心門の近くにはお土産屋さんがのきを連ねております。そしてビアガーデンもこの近くにあります。

高尾山 下山 2
そして下山、お疲れ様でした。

高尾の湯ふろっぴー
帰りは頑張ったご褒美の温泉にゆっくり浸かりました。とても良いお湯でした。「高尾の湯ふろっぴー」高尾山口、八王子駅から一時間に一本バスが出ています。

今回も無事登山終了!高尾山は初心者や家族連れ、お年寄りでも気軽に楽しめる良い山だと思いました。登山道も山行時間は短いものの、自然も豊かで、景色もとてもいいです。観光スポットだけあって見所も沢山ありました。

4時間の山行でしたが、私にとっては、充実した良い登山でした。訛った体には丁度良かったかな・・・ではでは今後も登山に限らず色々な事を体験しアップ出来たらと思いますので、今後共東京アウトドアライフを宜しくお願い致します。皆さんのエールが何よりの栄養剤となるでしょう。














スポンサーサイト
2014-03-10 : 山のページ : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop

アークテリクス考

謹賀新年

去年は、趣味のアウトドアを半分仕事にしたことで、返ってプライベートなアウトドア(=東京アウトドアライフ)を楽しむ時間が減ったという予想通りの結果でした(笑)

何かを手にしたら何かを失う、まあ道理かもしれませんが、今年はそんな生活も2年目ですので、もう少し上手に両立して行こうと思う、それが豊富です♫


さていきなりですが、タイトルにもある本題に。

アークテリクスとググってみると毎回思うんですが、検索結果がオンラインショップの商品ページばかりで、カタログからの抜粋以外の情報、例えばユーザーのインプレッションやらがすごく少ない。


私もモンチュラやバイロの記事は書いてきましたが、意外にクローゼットにラインナップされていたアークテリクスについては触れたことが無かった!ということに気付く機会があったので、今年はそっちにもフォーカスしてみようかと。

となるとパタゴニアもちょこちょこ登場するかと。
この2ブランドから学ぶことはすごく多いです。


今年もご愛読のほど、宜しくお願い致します。


2014-01-03 : 登山ウェア・登山靴 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

赤城・黒檜山&駒ヶ岳 日帰り

赤城山(あかぎさん、あかぎやま)は、関東地方の北部、群馬県のほぼ中央に位置し、太平洋プレートがオホーツクプレートに沈み込んでできた弧島型火山である。また、赤城山は、カルデラ湖を伴うカルデラを持つ、関東地方で有数の複成火山である。
榛名山、妙義山と並び、上毛三山の一つに数えられている。また、日本百名山、日本百景の一つにも選ばれている。中央のカルデラの周囲を、円頂を持つ1200mから1800mの峰々が取り囲み、その外側は標高にして約800mまでは広く緩やかな裾野の高原台地をなしている。
中央部のカルデラ内には、カルデラ湖の大沼(おおぬま、おの)や覚満淵(かくまんぶち)、火口湖の小沼(こぬま、この)がある。
大沼の東岸、最高峰黒檜山の山麓に当たる場所に赤城神社があり、山麓各地に里宮があるほか、関東一円に末社が分布している。中腹にパノラマ展望台がある。
(ウィキペディアより出典)

【アクセス】
電車:新宿駅→(JR)→前橋駅→(関越交通バス)→赤城山ビジターセンター
マイカー;練馬→(関越自動車道)→前橋IC→(一般道で70分)→赤城山ビジターセンター

※路線バスの詳細はこちら

駐車場;赤城山ビジターセンター他に数カ所にあります。今回はビジタ-センターへ止めましたが、下山時を考慮した場合、効率が良いのは赤城山神社付近にある駐車場です。

【装備一覧】
ザック:ULA/CDT
ツェルト:アライテント スーパーライトツェルト1
ハードシェル:BAILO/バイロ イーベントジャケット1M
レインパンツ:BAILO/バイロ ミクロコード 2.5L レインパンツ 1M
ミドルレイヤー:BAILO/バイロ スピードフリース
ベースレイヤー(シャツ):BAILO/バイロ デルタジップ1M
パンツ:BAILO/バイロ クライムパンツ34M
靴:フィットウェル スコーピオン
靴下:ブリッジデイル トレイルライト
コンロ:プリムス 153ウルトラバーナー
マグカップ:ダイネックス
食器:DUG HEAT1
箸:DUG ウッドスティック
ヘッドライト:ペツル TIKKA2
水筒:プラティパス2 
コンパス:スント A-10
地図: 山と高原地図
タオル:パックタオル パーソナル
時計:タイメックス エクスペディションWS4

その他携行品:エマージェンシーキット、スタッフサック、トイレットペーパー&ウェットティッシュ

装備のポイント:秋の登山とは言え、1,800mの標高を考慮して、コンパクトで保温性に優れたスピードフリースをチョイス。ベースレイヤー(シャツ)は速乾Tシャツではなく少し厚手のデルタジップにしました。

【難易度】
小学生のお子様から楽しめます。標高差があるので登りはそれなりにキツいですが、登山道は良く整備されているので登り易いです。鎖場はありません。階段や石段がしっかりついているので、トレッキングポールを上手く使ってバランスを確保すればより安心です。

【ルート】
ビジターセンター→駒ヶ岳→黒檜山→赤城神社→ビジターセンター
およそ4時間の行程です。
今回は赤城神社→駒ヶ岳→黒檜山→赤城神社の周遊ルートを行きましたが、逆ルートの方が登り&下り共に歩き易いのでお勧めです。

DSC04135.jpg
今回はマイカーなので、この赤城ビジターセンターへ駐車しました。トイレや売店に加えて赤城山系の展示資料館があります。

DSC04141.jpg
ビジターセンターから10分程歩くと、駒ヶ岳登山口が見えます。

DSC04142.jpg
駒ヶ岳への道は、とても良く整備されているので歩き易いです。

DSC04162.jpg
最近陽はお花に凝っているらしく、夢中になって撮影に挑んでます。。。こんな真剣な顔、なかなか見ない。。

RIMG0355.jpg
そしてその作品です。ノーコメント。。

DSC04164.jpg
RIMG0332.jpg
本日のBAILOコーディネート♪ デルタジップというやや厚手のシャツと今季の新作クライムパンツ34Mです。

RIMG0346.jpg
そんな事をしているうちに、最初のピーク「駒ヶ岳」へ到着。そこそこ広くて平らなのでここでランチもありです。

RIMG0349.jpg
駒ヶ岳から黒檜山へは快適な縦走路が続きます♪

DSC04170.jpg
振り返ると、眼下に小沼が見えます。紅葉はまだまだこれからですね。

RIMG0352.jpg
駒ヶ岳と黒檜山の間の最下点となる大ダルミ。えっっ??お腹、弛んでます!?

DSC04169.jpg
大ダルミから少し急な登りが続くと鳥居が見えて来ます。

DSC04171.jpg
黒檜山山頂!!
広いので、ここでランチがおすすめです♪

DSC04175.jpg
そして、久しぶりの三角点ちぇっくっ

RIMG0388.jpg
RIMG0387.jpg
山頂ではしゃいだ後は、大沼を眺めながらの下山が続きます。

DSC04182.jpg
こちらがゴールの黒檜山登山口。登山道の整備状況から考えると、こちらから登るのがお勧めです。

DSC04187.jpg
大沼湖畔をゆっくりと歩いてクールダウンしてください☆

帰りの立ち寄り湯は、
富士見温泉 ふれあい館
がお勧めです。
露天風呂、サウナにお食事処も完備。訪れたい温泉のある道の駅ランキング1位に選ばれています!

今回のルートは、眺望も良く、4時間程で周遊できる上に登山道も整備されており、夏に富士山へ登ったきりって言う方のセカンドチャレンジにもってこいかと思います。

お勧めは、赤城神社を基点として、黒檜山〜駒ヶ岳〜赤城神社へ戻って来るルートです。

カズ

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

2013-09-30 : 北関東 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

tokyooutdoorlife

Author:tokyooutdoorlife
“アウトドアにちょこっと興味が湧いてきたよ~”って方でも分かり易くをモットーに、トレッキングやキャンプ、そしてバックカントリー等のアウトドアライフをご紹介。

Facebook

twitter

RECOMMEND


あらぺるとオンラインショップ
(ショッピングサイト)


楽天市場
(ショッピングサイト)


amazon/アマゾン
(ショッピングサイト)


L-Breath/エルブレス
(アウトドア用品店)


BAILO/バイロ
(アウトドアウェアメーカー)
BAILOロゴ

OUTDOOR RESEARCH
(アウトドア総合メーカー)


HILLBERG
(テント)


GSI outdoors
(クッカー/調理器具)


Klean Kanteen
(ボトル/マグ)


GREGORY
(ザック/リュック)


KAVU
(キャップ/ハット/小物)


AIGLE
(アウトドアウェア&バッグ)


OAKLEY/オークレー
(サングラス・ゴーグル)


C3fit
(機能タイツ)
GOLDWIN WEB STORE

CW-X
(機能タイツ)
【ワコールウェブストア】公式オンラインショップ☆

じゃらん
(宿泊予約)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。