スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

アウトドアウェア選びの基本~レイヤリング

ここ数年、アウトドアウェアは実用性だけでなく、ファッション性が重要視されてきています。
最新の科学技術による機能美はもちろん、街着でも使える様な色・デザインのウェアが人気の傾向です。

私は根っからの“形から”人間ですし、それにいっつもアウトドア的な格好をしていたいって思う人なので、いかにもアウトドアって感じさせずにどう着回せるかってことで、街着と比べてもお洒落なウェアの隆盛は大歓迎です!

しかーーしっ!そんな私でも、普段と活動日で分けている着こなしがあります。
アウトドアにおけるウェアの着こなし方には一つ鉄則があるんです!


それは、「レイヤリング」です!


この「レイヤリング」という考え方、ぜひ覚えておいて下さい。

「レイヤリング」とは、《体を体温低下や体力消耗の原因となる雨や汗による“濡れ”から守ったり、平地よりも気温の低い山の上で体温で温まった空気層を逃がさず保温する為の「重ね着」》のことです。
これはそれぞれのアイテムの機能的特徴を考えて組み合わせることで、初めて効果的となります。


まず肌に直接着るTシャツ類を「アンダーレイヤー(ファーストレイヤー)」と呼びます。100ccの汗で体温は1℃下がりますので発生した汗を素早く吸収して、あっという間に乾く機能が求められます。真夏であればそれ1枚でOKでしょう。
登山で使うアウターには、雨や風から身を守る高い防水・防風性と、アンダーウェアが吸い上げた汗を衣服の外へと排出する透湿性のあるジャケットが不可欠です。
またアンダーレイヤーだけでは肌寒い高地や季節、天候の時には、アンダーレイヤーとジャケットの間に羽織るフリースや薄手のダウン類が必要になります。それを「ミッドレイヤー(セカンドレイヤー)」と呼びます。

ちなみに私は、突然の天候の変化に対応する為に、1年を通して3枚のウェアでレイヤリングを考えています。
気温に合わせて重ねる枚数を増やしたり減らしたり、または1枚1枚の保温力を変えることで調節するのです。
冬であれば保温力の優れた生地を重ね、夏であれば薄手の涼しいものを重ねると言った具合に。

少ない枚数でレイヤリングすると、1枚1枚が厚手になるので動き辛くなりますし、真冬でも活動時は汗をたくさんかくのでの外部への拡散を考えると、4枚以上はキツいんですよね。


このブログでも組み合わせ商品例を紹介していますが、機能や生地の知識に自信の無い方は、行き先や使用する季節を伝えて、アウトドア専門店の店員さんに相談されることをお奨めします。
もちろん私たちにもどんどん聞いて下さいね!




スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : レイヤリング 重ね着 アウトドアウェア ウェアの選び方

2011-09-10 : 知っ得 山登り辞典 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【服装・装備】ミドルレイヤーについて

ミドル(ミッド)レイヤーについてちょこっと。


私がミドルレイヤーとして持っているアイテムは

STRETCH PILE LIGHT ANORAK/MONTURA(モンチュラ)
STRETCH PILE LIGHT ANORAK

STRETCH JACKET/MONTURA(モンチュラ)

BERGEN ANORAK/MONTURA(モンチュラ)
モンチュラスタイル

Light Heat Vest/THE NORTH FACE(ノースフェイス)

の4つです。


それぞれの使い訳なんですが、


冬の登山やスノーボード時にはBERGEN ANORAKがGOOD。
冬はレイヤリングでのかさばりを防ぐ為にも、フルジップよりアノラックの方が良いと思います。アノラックの難点は脱ぎ着が面倒な所ですが、冬にハードシェルを脱ぐことはあれど、これを脱ぐようなシチュエーションはまず無いでしょうから問題ありません。
これはメーカー的にはフリースのカテゴリーに入るようなんですが、表地がソフトシェルの様な仕上げになっており、またザックのショルダーベルトとの摩擦対策に肩部に切替で補強が施されているので、行動時にハードシェルを脱いでアウターとして使用するにもちょうど良いんです。さらには裏地にWIND STOPPERが使用されているので、その厚みの割に保温力も優れており、アウターとして使用した時もフリースの弱点である風を通すんで寒い!ってことが無く、冬は全てにおいてマイベスト!


去年3シーズンに活用していたのがSTRETCH PILE LIGHT ANORAK/MONTURA(モンチュラ)です。最近流行りの“起毛に凹凸のあるグリッド構造素材(ポーラテック・パワー・ドライ)”が使用されているライトウェイトなフリースです。
ポーラテック・パワー・ドライ
ポーラテック・パワー・ドライって、起毛をブロック(四角)パターンにしており、四辺の部分を薄くすることで通気性を高めているんです。でも逆にその薄い部分から外気がスースー入るんで、恐らく夏仕様の生地なんですよね。
去年は3シーズン通して我慢しながら使用していましたが、本来は夏の2,000m程度の山かキャンプの夜間なんかで使用するのが適切です。春や秋、または夏でもアルプス級になると、保温力が物足りなく感じることが時々ありました。


そこで新しく今シーズン、手に入れたのがこれ、STRETCH JACKET
STRETCH JACKET

生地は厚過ぎず薄過ぎず、表地が起毛せずにソフトシェルの様な風合いで使い易く、着丈は長く身頃はタイトでアウターとしてもインナーとしても絶妙なシルエット。アラスカジャケットと並んでモンチュラでは定番のフリースです。今くらいの残雪期にMAGIC LIGHT JACKETの下に着るとホントに調子良いのでゲットしたのですが、、、どこにも行けず今はもっぱら街着で、これにRAMBLA JEANS PANTSを合わせて着ています!(それも病院とTSUTAYAまで、、涙)

Light Heat Vest/THE NORTH FACE(ノースフェイス)は最近流行りのインナーダウンのベスト版です。当初、街着用としてシャツの上に羽織りたいなぁ~と購入したのですが、丸めるとめちゃくちゃ小さくなるので、夏の高所テント泊で寒い時にSTRETCH JACKETの上に着てみようかと思っています。


あっ、言っときますと、私かなりの寒がりですから。




テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ミドルレイヤー

2011-05-01 : 知っ得 山登り辞典 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

tokyooutdoorlife

Author:tokyooutdoorlife
“アウトドアにちょこっと興味が湧いてきたよ~”って方でも分かり易くをモットーに、トレッキングやキャンプ、そしてバックカントリー等のアウトドアライフをご紹介。

Facebook

twitter

RECOMMEND


あらぺるとオンラインショップ
(ショッピングサイト)


楽天市場
(ショッピングサイト)


amazon/アマゾン
(ショッピングサイト)


L-Breath/エルブレス
(アウトドア用品店)


BAILO/バイロ
(アウトドアウェアメーカー)
BAILOロゴ

OUTDOOR RESEARCH
(アウトドア総合メーカー)


HILLBERG
(テント)


GSI outdoors
(クッカー/調理器具)


Klean Kanteen
(ボトル/マグ)


GREGORY
(ザック/リュック)


KAVU
(キャップ/ハット/小物)


AIGLE
(アウトドアウェア&バッグ)


OAKLEY/オークレー
(サングラス・ゴーグル)


C3fit
(機能タイツ)
GOLDWIN WEB STORE

CW-X
(機能タイツ)
【ワコールウェブストア】公式オンラインショップ☆

じゃらん
(宿泊予約)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。