スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

槍ヶ岳〈1泊2日〉~2日目

→続き

【2日目】
槍沢ロッジ→〈30分〉→ババ平(テント場)→〈1時間〉→大曲→〈3時間〉→殺生ヒュッテ→〈50分〉→槍ヶ岳山荘→山頂まで往復〈1時間〉→山頂から東鎌尾根経由→〈6時間〉→上高地


4時半に槍沢ロッジを出発。朝飯は5時からなので前日夕飯時にお弁当を貰っておきます。瞬く間に日が昇り朝焼けに染まる山々をパチり。
槍沢から朝焼けをバックに

ババ平を過ぎでからは景観が開けた沢沿いに歩いて行きます。ずーーっと続くガレ場です。「大曲り」を目指します。でもこの場所にこれだけ雪渓が残っているってことは相当冬に雪が降ったんだと分かります。今年は雪が多いです。通常、槍ヶ岳登山は雪渓を渡ることは無いのですが、この後、5ヶ所雪渓を横切りました。
大曲へ

「大曲」からの目を奪われる風景をどうぞ。
大曲からの風景

「大曲」を振り返った見た所です。どうです?その名の通り“大きく曲がっている”でしょう?だから「大曲」です。たぶん。
大曲を振り返る

「大曲」過ぎて1時間程度登るといよいよ槍山頂が見えて来ます。雄々しい鋭峰の大きさに、テンション↑↑↑
それにしても雪が多い!
槍を見上げる

槍とシンクロしてみました。なぜかおっさんのしんなりしたダブルピースです。空気が薄いせいでしょうか?
ダブルピース

槍ヶ岳」に初登頂したのは播隆上人と言う名のお坊さんです。昔より山は信仰の対象でしたので、初登頂がお坊さんという山は日本全国に多いんです。播隆上人は、登頂後も生涯を掛けて、一人でも多くの信者が登れるようにと浄財を募り、初めて岩壁に鎖を掛け開山に尽力されました。山頂直下には「坊主の岩屋」と呼ばれる、播隆上人が数十日間修行をした岩洞があります。
坊主の岩屋

殺生ヒュッテと槍。
殺生ヒュッテと槍

振り返った眺望です。南アルプスの後ろに富士山まで見えました!最高の天気に当たった幸運に感謝。
山頂直下からの眺望

「殺生ヒュッテ」です。槍ヶ岳山荘も目前の立地なので影が薄い存在ですが、歴史ある山小屋です。週末や連休等でも比較的空いているので狙いめですよ。ただ、他のブログで食事がイマイチだの何だのって記事がありました。泊まったことがないので真偽は確かではありませんが、ちょうど小屋前で休憩中にオーナーさんと話す機会があったのですが、気さくな話しやすい方でした。ちなみに「殺生ヒュッテ」の「殺生」とは、元々は猟師小屋だったためです。
殺生ヒュッテ

殺生ヒュッテを出発したら槍ヶ岳山荘まであっという間です。ここら辺まで来たら、さすがに登っていて空気の薄さを感じます。
槍ヶ岳山荘までもう一息

「槍ヶ岳山荘」到着!一人が軽い高山病でペースが落ちたがまあまあ順調の10時30分着。念のために小屋を予約していましたが、高山病気味の者がいることと充分なペースで来ていることから今日の内の下山を決断。ただ最悪、横尾辺りでの宿泊も視野に入れます。
槍ヶ岳山荘

槍ヶ岳山荘にザックをデポして全員でいざ槍の頂へ。
いざ槍頂上へ

大渋滞を懸念していましたが、まだ時間が早いためそこまででは無く山頂でもゆっくり時間を過ごせました。頂への道のりはこんな感じの鎖あり鉄梯子ありの岩登りです。
槍への道のり

これ何だか分かりますか?「モアイ」ではありません。奥の大きな一枚岩があの「小槍」なんです。有名な童謡「♩アルプス一万尺♫小槍の上で♩アルペン踊りをさあ踊りましょう♪」はここが舞台なんです。「一万尺=3,000m」ですから標高を表しているんです。しかしこんな岩の上で誰が踊れるんでしょう?背筋が寒くなる歌ですね・・・
小槍

感動の登頂です!前回来た時は風雨が強く一面ガスだらけで何も出来なかっただけに、360°、足下まで開けた風景に大感動です!この高揚感が、登山の醍醐味の一つなんですよね。
登頂!

山頂の2等三角点。現在は標石が固定されておらず、単なる「標高点」として扱われています。
2等三角点

槍ヶ岳山荘からの帰りはこの東鎌尾根を行くことにしました。私は高所恐怖症の癖にこういう稜線が大好きなんです。
東鎌尾根

常念岳と私。この後、上高地に向けて22kmを下りまくりました!
常念岳と私

日が暮れ始め、明神を過ぎた辺りで猿に囲まれました。その数、20匹以上。目を合わせないようにしてやり過ごしたのですがめちゃくちゃ怖かった!皆さんも日暮れには気をつけて。
明神付近で猿に囲まれる


槍ヶ岳(やりがたけ) 標高3,180m
「日本のマッターホルン」と呼ばれ、登山者にとって一度は登ってみたい憧れの山ですが、アルプスの入門登山として初心者も気軽に楽しめる山です。
上高地からのアプローチが長いので日帰りは至難ですが、登山道の整備も良く傾斜も登りやすく、体力に自信の無い方でも2泊3日で行程を組めば充分に可能です。夏期は登山者も多く、標識も整っていますので道に迷うことはまずありませんが、悪天候時には岩登りに不慣れの方は槍穂先部分だけは避けた方が無難でしょう。
山登りを始めた方に「お奨めの山は?」と聞かれたら、私は迷わず「槍ヶ岳」を挙げます。
なんと言っても、私に「山歩き」の楽しさを教えてくれた山ですしね!


【番外情報】
登山後、もしもう1泊する余裕があるならここがお奨めです。
上高地からの帰り道、見落としやすいこの風景。その名も「坂巻温泉」、立派な秘湯です。
宿泊代は日曜泊まりで一人12,500円でした。ちなみに日帰り入浴もOK、料金は500円。
坂巻温泉

バスも泊まりますのでアクセスも便利。
ちなみに携帯はauは入りませんでした。(上高地全体的にドコモの方が若干入りが良いです)
温泉は湯花浮かぶ匂いの強い硫黄質。男の私でも、肌がツルツルに(笑)。露天もあります。
坂巻温泉旅館

アルプス登山の最後の1泊は必ず温泉宿で過ごします。これがまた登山の楽しみ!


by 陽
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 槍ヶ岳

2010-07-26 : 北アルプス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

槍ヶ岳〈1泊2日〉~1日目

もうかれこれ8~9年くらい経ちますか!?登山にハマるきっかけとなった『槍ヶ岳』。3,000m峰は小学生の頃に父親に連れられて登った北岳に続いて2度目でした。不十分な装備で上高地に戻って来た時には《全身びしょぬれ、荷物は水没、おニューのスニーカーは靴底パカパカ、足裏血豆だらけ》と心身ともにボロボロの苦~い思い出の『槍ヶ岳

【ルートは??】
今回は〈低山は経験ありの、アルプスは木曽駒ヶ岳くらい〉を4人引き連れてなので、代表的な上高地からのピストンルートを選択。参加者は大阪/愛知からの合流なので、初日の時間に余裕のある槍沢ロッジに泊まり、山小屋2泊は避けて最終日は温泉へ!にしました。

先週の穂高同様、上高地から。

~おさらい~
上高地へのアプローチは様々ですが、
電車     新宿からJR特急あずさと上高地線を乗り継いで新島々からバス。
マイカー   マイカー規制をしているので沢渡駐車場で車を預けてバス。
直通バス   新宿からの直通バス。

今回は沢渡まで車で行って、そこからタクシーで上高地に!
バスだと往復券2,000円ですが、タクシーは最大5人まで乗れて4,000円ですから、4人以上ならお得です!

【1日目】
上高地・河童橋→〈1時間〉→明神橋→〈1時間〉→徳沢→〈1時間〉→横尾→〈40分〉→槍沢ロッジ(泊)


出発地は「上高地バスターミナル」。タクシーもここまで連れて来てくれます。そして運が良ければ運転手さんの上高地ガイド付き!「大正池とは・・・」なんて風に。ただし、ハズレ引くと・・・自分の昔話を延々と聞かされます。
上高地バスセンター

上高地のシンボル的観光ポイント。芥川龍之介著「河童」の中に登場して一躍有名に。ここから穂高連峰が一望できます。
河童橋から穂高

上高地からまずは「明神」へ。横尾まで続く整備の行き届いた林道は景観美しく気分が良いです。
上高地から明神を目指す

上高地からゆっくり1時間、最初の目標地は「明神橋」です。後ろに聳えるのは「明神岳」。
明神橋

「徳沢」へ向かう途中、広大な梓川の河原風景。先を急ぐ最中でもついつい目を奪われます。
明神~徳沢間の梓川風景

「明神橋」から更にゆっくり1時間、キャンプ場もある「徳沢」です。もし前泊するならここの「徳沢園」がお奨めです。「涸沢」までブラッと組もここをベースにされる様です。
唐沢園

徳沢から20分、グラグラの吊り橋「新村橋」。橋を渡れば「屏風のコル」経由で「涸沢」方面に。
新村橋

「横尾」に到着!綺麗なトイレや水場があり、スペースも広々していますので、ランチ休憩に最適です。ちなみに「横尾山荘」は最近改装されて外観から綺麗になり、お風呂なんかの設備も整っていますので、宿泊にもお奨めです。ここに泊まるとすれば、〈1泊目:槍沢ロッジ→山頂→2泊目:横尾山荘〉という“ゆったり槍ヶ岳2泊3日コース”になるでしょうか。
横尾

横尾から今日の宿泊地「槍沢ロッジ」へ。ここからだんだん登山道らしくなっていきます。次第に足元もガレてくるので注意して歩進めして下さい。
横尾から槍沢へ

横尾から40分程度で現れる「槍見河原(別名:槍見の沢)」。ここで初めて「槍ヶ岳」が拝めます。
槍見河原

槍見河原から見上げる「槍ヶ岳」。素人でも連なるアルプスの山々の中から用意に見分けることが出来る、一度見たら忘れられないその独特な外観。当然、初めて見たパーティーからは大歓声!「あれ登れるの??」分かる分かる、私も最初そう思いました(笑)
槍見河原から槍ヶ岳を望む

どうですか?この梓川の清流。ガラスの様な透明度、流れが集まるとエメラルドブルーに輝きます。ここでも大歓声(笑)
梓川上流

槍見河原を過ぎて暫くするといよいよ登りが始まります。とは言っても体慣らしにちょうど良い緩やかな登り。そして体が暖まる頃には到着の「槍沢ロッジ」、初日の宿泊地です。
槍沢ロッジ

「槍沢ロッジ」にて。カズは学生時代にここで働いていていたようです。食事や従業員の接客も標準以上ですし、寝床も快適ですのでお奨めします。ちなみに、お風呂に期待される方がいらっしゃいますが、ほんと早く着かないと垢だらけの濁り湯になっていますので入る気になりません。
槍沢ロッジにて


→2日目に続く


関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 槍ヶ岳

2010-07-26 : 北アルプス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

穂高岳〈2泊3日〉

憧れの北アルプス・穂高連峰縦走です。

【どんな所?】
奥穂高岳、涸沢岳、北穂高岳、前穂高岳、西穂高岳などからなる穂高連峰。主峰は奥穂高岳で、長野県(信州)と岐阜県(飛騨)の最高峰。「北アルプスの盟主」と呼ばれるそうです。
そして穂高岳登山の拠点となる涸沢は、奥穂高岳と前穂高岳に挟まれた吊り尾根よりU字型にえぐられた渓谷で、夏でも雪渓が残ります。

【ルートは??】
まずは上高地を目指します。
上高地へのアプローチは様々ですが、
電車     新宿からJRと上高地線を乗り継いで新島々からバス。
マイカー  マイカー規制をしているので沢渡駐車場で車を預けてバス。
直通バス  新宿からの直通バス。

初日にどこまで登るかによるけど、一番楽なのは夜行で寝てる間に運んでくれる直通バスだと思います。
朝早くからスタート出来るので、余裕をもった工程が組めます。
帰りもビールでも飲んで寝ちゃえば一瞬で新宿に着きます

そして今回は、上高地~涸沢(泊)~北穂高~涸沢岳~穂高岳山荘(泊)~奥穂高岳~前穂高岳~上高地というメジャーなルートです。


【1日目】
上高地・河童橋→〈1時間〉→明神池→〈1時間〉→徳沢→〈1時間10分〉→横尾→〈3時間〉→涸沢(泊)

梓川にかかる河童橋 上高地のシンボル的な存在ですね~
1河童橋

まずは明神池。横尾までは梓川にそって平坦な道が続きます。
1明神池

そして徳沢。
1徳沢

ついに横尾。ここで梓川とはお別れです。
1横尾

一気に涸沢へ。横尾から涸沢は標高差500mを三時間で登るので頑張りましょう
1涸沢

夏でも雪渓はあるのでアイゼン必携です!
1雪渓

涸沢の夜
1涸沢の夜

涸沢での宿泊は、テントor涸沢ヒュッテor涸沢小屋です。


【2日目】
涸沢→〈3時間〉→北穂高岳→〈2時間〉→涸沢岳→〈30分〉→穂高岳山荘(泊)

最初のピーク、北穂高岳3,106m ここまでの登りは雪渓から岩稜までと変化があって楽しいですが、酸素もだんだん薄くなるので最後はハードです。
2北穂高岳

そして稜線に出ると姿を見せる槍ヶ岳。 やっぱりカッコいい!
2槍ヶ岳

第二のピーク、涸沢岳3,103m。北穂高からここまではハラハラする岩稜が続くので、緊張の末にこうなります。
2涸沢岳

穂高岳山荘。奥穂高はこの先になるのでここで宿泊
2穂高岳山荘

ここでの宿泊は、テントor穂高岳山荘です。


【3日目】
穂高岳山荘→〈50分〉→奥穂高岳→〈2時間〉→前穂高岳→〈2時間20分〉→岳沢ヒュッテ→〈2時間〉→上高地

穂高岳山荘からの御来光
3ご来光

第三のピーク、奥穂高岳3,190m 寝起きに良く効く登りがたまらないんです。
3奥穂高岳

野草。 名前は知らない・・・
3野草

最後のピーク、前穂高岳3,090m ここからは一気に1,500m近くを下ります
3前穂高岳

それはもう、ものすごい達成感でした。
3ゴール!


穂高の稜線歩きは絶景の連発ですが、岩稜ですので落石や浮石もあり気は抜けません。
でも、そんな場所だからこその素晴らしい体験が待ってます。
登山を始めたら必ず訪れて欲しい、そんな山です

byカズ
関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 穂高

2010-07-22 : 北アルプス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

tokyooutdoorlife

Author:tokyooutdoorlife
“アウトドアにちょこっと興味が湧いてきたよ~”って方でも分かり易くをモットーに、トレッキングやキャンプ、そしてバックカントリー等のアウトドアライフをご紹介。

Facebook

twitter

RECOMMEND


あらぺるとオンラインショップ
(ショッピングサイト)


楽天市場
(ショッピングサイト)


amazon/アマゾン
(ショッピングサイト)


L-Breath/エルブレス
(アウトドア用品店)


BAILO/バイロ
(アウトドアウェアメーカー)
BAILOロゴ

OUTDOOR RESEARCH
(アウトドア総合メーカー)


HILLBERG
(テント)


GSI outdoors
(クッカー/調理器具)


Klean Kanteen
(ボトル/マグ)


GREGORY
(ザック/リュック)


KAVU
(キャップ/ハット/小物)


AIGLE
(アウトドアウェア&バッグ)


OAKLEY/オークレー
(サングラス・ゴーグル)


C3fit
(機能タイツ)
GOLDWIN WEB STORE

CW-X
(機能タイツ)
【ワコールウェブストア】公式オンラインショップ☆

じゃらん
(宿泊予約)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。