スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

西穂高(西穂山荘~西穂独標)〈1泊2日山小屋泊〉

今年初めての冬山山行に、この場所を選んでみました。クリスマスの寒波以降、冬型の気圧配置が続いており、晴天地域が読み辛い中でも、まあここならこの時期は人も多いですし、天候が悪い時は独標の往復にすればいいやと言う感じで決めてみました。


【どんな所?】
西穂高岳(にしほたかだけ)は、長野県松本市と岐阜県高山市にまたがる標高2,909mの飛騨山脈(北アルプス)南部の山である。上高地や東西の方角から眺めると鋸歯状に岩稜が連なる山容が特徴である。無雪期の登山シーズン中に、新穂高ロープウェイの終点の西穂高口や上高地からの登山者で賑わう。西穂独標までは、穂高岳の入門コースとなっているが、西穂独標から山頂までは熟達者向きのコース、山頂から奥穂高岳までの区間にはジャンダルムもあり、北アルプスの主稜線上では屈指の難コースとなっている。従来周辺の山全体が穂高岳と呼ばれていたが、1909年に槍ヶ岳から穂高岳に初縦走を行った鵜殿正雄(うどのまさお)が、穂高岳のそれぞれのピークの山を北穂高岳、前穂高岳、奥穂高岳、西穂高岳と名付けた。実施には西穂高岳は山域の南西端のピークで、その中で唯一3,000mに満たない。(出典 Wikipedia)


【アクセスは??】
電車    新宿駅→(JR特急あずさ)→松本駅→(濃飛バス松本線)→新穂高温泉
      ※濃飛バス松本線の時刻表はこちら
マイカー  長野自動車道・松本ICから国道158号~(平湯)~国道471号~(栃尾)~県道475号で90分
高速バス  新宿高速バスターミナル→(濃飛高速バス)→平湯温泉→(濃飛バス松本線)→新穂高温泉
      ※濃飛高速バスの時刻表はこちら

ちなみに今回は高速バス(新宿8:00発)で行きました。
平湯温泉バスターミナルで、ローカルバス(濃飛バス松本線)へ乗り換えです。時間帯によっては高速バスとの乗り継ぎに1時間くらい待ち時間が出来ますが、レストランや売店、日帰り温泉まであるので大丈夫!
平湯温泉バスターミナル


【持ち物は???】
装備一覧はこちら
注1: グローブは完全に役不足でした。汗をかかないことを優先した為、体感温度-25℃以上の強風に対応出来ず、今でも指先が軽度の凍傷でちょっと痛いです。やっぱり厳冬期用を持って行くですね。
注2:厳冬期の高山でも「MONTURA/モンチュラ SUPERVERTIGO PANTS」と「MONTURA/モンチュラ WARM SKIN 3/4 PANTS(アンダータイツ)」の組み合わせであれば大丈夫なのですが、風が強い時にはさらにカバーパンツを履く様にしています。


【ルートは????】
新穂高ロープウェイ(西穂高口駅)~西穂山荘(泊)~西穂独票~西穂山荘~新穂高ロープウェイ(西穂高口駅)

《1日目》
新穂高ロープウェイ(西穂高口駅)→西穂山荘(所要時間:2時間弱)

バス車内
松本までは快晴だった天気も、平湯温泉辺りから雪が降り始めました。う~ん、嫌な予感。

新穂高ロープウェイ山麓駅
ここから一気に2,156mまで上がります。

新穂高ロープウェイ山頂駅
やっぱり天候は完全に雪。明日の高気圧に期待をしながら西穂山荘を目指します。やはり登山客が多い為、しっかり道は連日の雪にも踏み固められていましたので、この日はストックさえあれば特にアイゼンやワカンは付けなくても大丈夫でした。

播隆上人の碑
槍ヶ岳開祖「播隆上人」の碑がありました。槍ヶ岳の登山道整備に尽力されたことから北アルプス登山の先駆け的存在として、北アルプス飛騨側の開山祭は今でも「播隆祭」と呼ばれているそうです。

新穂高ロープウェイ山頂駅~西穂山荘
西穂山荘までの道はこんな感じです。クリスマスからの寒波で一気に積雪した様です。

西穂山荘到着
今年初の銀世界に浸りながらのんび~り歩いている内に、雪も本降りになってきました。なんか明日も晴天が期待できなさそう。。
西穂山荘

西穂山荘テント場
山荘前のテント場です。今夜は天気が相当荒れそうなので、私には無理だったなぁ~。

西穂山荘休憩スペース
素泊まりの方はここで調理が出来ます。石油ストーブもテレビも有るので快適です。受付ではアルコール類もビールからワイン、日本酒、焼酎、梅酒と一通り揃っていますので、食後はここで消灯(21時)まで飲んじゃいましょう!我々も今年の振り返りトークをしながら酒を酌み交わしましたよ。

西穂山荘からの日の出
夜中に何度か起きたくらいの猛吹雪もなんとか治まり、うっすら朝焼けが見えて一安心。


《2日目》
西穂山荘~西穂 丸山~西穂独標~西穂山荘~ロープウェイ(西穂高口駅)

西穂高岳に向けて出発
この日は西高東低の完全冬型気圧配置で北風が強いとの予報。飛騨側からの強風が予想されたのですが、山荘付近はまあまあ有る程度で気温も-10℃。アイゼンを装着し、ピッケルを持って、「今日悪くないんじゃないの?」とテンション上げて出発!!

西穂高岳に向かって
夏場はつづら折りで登る道も、この時期はアイゼンを利かせて一気に直登。稜線の肩に上がってビックリ!向かい風に息が出来なくなるくらいの突風。体感-25℃以上の強風にちょっと呆然。「どこまで行けるんだろう?」

西穂 丸山
なんとか丸山をゲット。眼下に広がる上高地や梓川の絶景を期待して来たのに、、、下界は真っ白です。

西穂独標を臨む
今日の目標を「独標」に変更。恐らくその先に行く人はいないでしょう。「待ってろ、独標!」

独標とピラミッドピーク
いつもは↑↑これくらいの↑↑視界なんですが(と言っても前を向いたら目が開けられませんが)、時折↓↓こんな感じ↓↓に少し視界が開けます。「見えた、ピラミッドピーク!」
西穂独標とピラミッドピーク2

独標への壁
独標直下の壁は、ピッケルの使い方とアイゼン歩行の技量が試される最初の難所。もうちょっと雪が付いてくれると更に楽だったんですが。ここを楽々行けるようでないと、
この先、西穂高岳はまず無理です。

西穂独標
独標着きました。睫毛が氷って視界は狭く、息と鼻水も出た瞬間に凍ってバラクラバがカチカチに。もうザックを下ろす気にもなれません。暴風の中、目の前すぐそこにあるピラミッドピークを恨めしく眺めてさっさと下山の一手。

暴風の中、哀愁の背中
雪と岩/光と影が織りなす白と黒のコントラスト、それが澄み渡る青い空に映える姿。それこそが冬山こそ一番と思わせる理由です。う~ん、全く醍醐味を堪能出来ず。。「暴風の中、肩を落とす相方の姿」

西穂山荘~西穂高口駅
西穂山荘からロープウェイまでの道のりは相変わらず静寂。雪が降る日であれば「しんしん」と音が聴こえてきそうなくらいに静か。都会で生きていると無音も最高の音楽です。

西穂高口駅食堂
西穂山荘のらーめん(醤油味ととんこつ味)を楽しみにしていたのですが、独標までの往復だったのでそこではコーヒーを湧かして持って来た行動食で我慢して、西穂高岳までロープウェイ駅(西穂高口駅)の食堂でいただきました。なぜかご飯ものが全て売切に。ちなみに山麓駅(新穂高温泉駅)の食堂はここ以上に腹が立つくらい酷いので止めた方が良いです。


【番外編】 帰りの温泉日帰り入浴オススメ

もしバスまでの時間が40分以上余裕が有れば間違いなくここ!
「ホテル穂高」
ロープウェイ山麓駅(新穂高温泉駅)の目の前です。入浴料800円。意外に皆さん、バスの時間に気を取られていて穴場なんですよ。
悔しいことに露天風呂から綺麗に、西穂独標/ピラミッドピーク/西穂高岳が並んで見えました(泣)





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ラッセル アルパイン

2011-12-31 : 北アルプス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

2011年12月30日 西穂高独標 山小屋 1泊2日 装備一覧 by陽

ザック「HAGLOFS/ホグロフス RAND38」
ストック「LEKI/レキ AGカーボンライトアンチ」
ピッケル「GRIVEL/グリベル ネパールSA・プラス」
アイゼン「BLACK DIAMOND/ブラックダイヤモンド セラッククリップ」
アイゼンケース「RIPEN/ライペン スタンダードアイゼンケース」

〈アパレル〉
シューズ「SCARPA/スカルパ モンブランGTX」
ハードシェル「MONTURA/モンチュラ ICE JACKET」
カバーパンツ「MONTURA/モンチュラ GUIDE 3 COVER PANTS」
ダウン「MONTURA/モンチュラ NEVIS JACKET」
ベスト「MONTURA/モンチュラ SPEEDY VEST」
ミドルレイヤー「MONTURA/モンチュラ OSLO JACKET」
「MONTURA/モンチュラ UNDER 2 ANORAK」
パンツ「MONTURA/モンチュラ SUPERVERTIGO PANTS」
インナー(シャツ)「MONTURA/モンチュラ MERINO MAGLIA」
「MONTURA/モンチュラ WARM ZIP MAGLIA」
インナー(アンダータイツ)「MONTURA/モンチュラ WARM SKIN 3/4 PANTS」
ソックス「MIZUNO/ミズノ ブレスサーモ ウール厚手パイルソックス」
「Bridgedale/ブリッジデール Endurance Trekker」
ビーニー「MONTUAR/モンチュラ MUSTANG」
バラクラバ「MONTUAR/モンチュラ BALACLAVA WIND CAP」→これが無いと強風時に顔面凍傷になります。
サングラス「ESS CROSSBOW 3LS」
グローブ「MONTUAR/モンチュラ SKI GLOVE」
「MONTUAR/モンチュラ LIGHT GLOVE」→風で飛ばされたりして無くした時用に予備は必須。
ゲイター「OUTDOOR RESEARCH/アウトドアリサーチ クロコダイルゲイター」

〈クッキング〉
クッカー「EPI/イーピーアイ EPIチタン3点食器セット T-8010」
ケトル「trangia/トランギア ケトル0.9リットル TR-324」
コーヒーメーカー「kalita/カリタ 101-D」
コンロ「PRIMUS/プリムス エクスプレス スパイダーストーブ P-133S」
ガス缶「PRIMUS/プリムス IP-250T」
「PRIMUS/プリムス PG-110」→予備として小ちゃいのも持って行くようにしています。
スプーン「LIGHT MY FIRE スポーク」
箸「エバニュー 携帯箸セット EBY241」
ポリタンク「platypus/プラティパス 2.5L」
真空断熱マグ「THERMOS/テルモス JMY-501」

〈その他〉
ウォッチ「SUUNTO/スント CORE GALAXY」
タオル「ノースフェイス マキシフレッシュフェイスタオル」
ヘッドランプ「ペツル ティカプラス2 グリーンホワイト」
コンパス 「SUUNTO/スント A-30 フィールドコンパス」
マップケース「ハイマウント ウォータープルーフマップケース M」
地図「山と高原地図37 槍ヶ岳・穂高岳 2011年版」
小物入れ「HAGLOFSホグロフス MESHPACKERS SET S/M」→薬をこの中に整理して入れています。
ビバーク用ブランケット「MPI/エムピーアイ エマージェンシーブランケット」
防水パック「sea to summit/シートゥーサミット ウルトラSILドライサック XL(20L)」
「sea to summit/シートゥーサミット ウルトラSILドライサック S(4L)」→ザック内で他の物が濡れない様に、濡れた雨具や着替え等を入れておくのに便利です。
マッチ「LIGHT MY FIRE/ライトマイファイヤー ファイヤースチールスカウト2.0」


関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

2011-12-30 : スタッフ流、装備一覧 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

北八ヶ岳(縞枯山~北横岳) 〈1泊2日山小屋泊〉

ここのところ暫く仕事の都合で全く山に行けず、そのフラストレーションで頭が崩壊しそうでしたよ。動物は自然から離れて生活していると、それだけで本能的にストレスになるんだって!そう「保険組合たより」に書いてました、妙に納得ですが(笑)

そんな訳で初冬北八ツに行ってきました♪


【どんな所?】
北八ヶ岳(きたやつがたけ)は、八ヶ岳連峰の北部、フォッサマグナの中央部を占める大規模複成火山体である八ヶ岳火山列のうちの、北側を指す。「きたやつ」と略される。全域が長野県に属する。2,000m台の山々で構成され、ハイキングから本格登山まで楽しめる。南八ヶ岳に比べ、斜面がなだらかで岩場が少なく森も多いので、山スキーの適地となっている。
《主な山》箕冠山 (2,590m) 根石岳 (2,603m) 天狗岳 (2,646m) 中山 (2,496m) 乳 (2,152m) 丸山 (2,330m) 麦草峠 (2,127m) 茶臼山 (2,384m) 縞枯山 (2,403m) 雨池山 (2,325m) 三ツ岳 (2,360m) 北横岳(横岳) (2,480m) 大岳 (2,381m) 双子山 (2,224m) 大河原峠 (2,093 m) 蓼科山 (2,530m) スズラン峠 (1,720m) 八子ヶ峰 (1,833m) ※出典Wikipedia


【アクセスは??】
電車 JR新宿駅→(特急あずさ)→茅野駅→(アルピコバス:ピラタスロープウェイ行)→ピラタスロープウェイ
  ※アルピコバス時刻表はこちら

バス 新宿→(高速バス諏訪・岡谷・茅野-新宿線)→茅野駅→(アルピコバス:ピラタスロープウェイ行)→ピラタスロープウェイ
  ※高速バスの詳細はこちら
マイカー 中央自動車道 諏訪IC→(ビーナスライン)→ピラタスロープウェイ駐車場

八ヶ岳はアクセス楽チン「特急あずさ」が個人的にお奨めです。
茅野駅バス停


【持ち物は???】
装備一覧はコチラ

↓アイテム探しはこちらから↓







【ルートは????】
1日目:ロープウェイ山頂駅→縞枯山荘→縞枯山→五辻→ロープウェイ山頂駅→北横岳ヒュッテ北横岳
2日目:北横岳ヒュッテ→七つ池→北横岳→亀甲池→双子ヒュッテ→大石川林道→雨池峠→縞枯山荘→ロープウェイ山頂駅


【1日目】
ロープウェイ山頂駅→北横岳ヒュッテ(所要時間:約4時間)
縞枯山経由

ピラタスロープウェイ山麓駅
山麓駅から北横岳がバッチリ見えます。ロープウェイは20分毎に出発するので慌てなくても大丈夫。ここの食堂で早めのランチを取りましょう。

坪庭
山頂駅の目の前に広がる坪庭(観光客向けの周遊コース)です。ここを右に縞枯山荘方面に進みました。

縞枯山荘

縞枯山荘入口
少し歩くと外観も内装も非常に趣のある縞枯山荘が見えてきます。ちなみに冬期はテレマーク教室を定期で行っているそうです。1月にまた来ようと思います♪

雨池峠
雨池峠の分岐を右に曲がるといよいよ登りが始まります。いざ、縞枯山山頂へ!まあまあ普通の登りなのでご安心を。

縞枯山
登ること40分で縞枯山山頂です。

縞枯山からの北アルプス
山頂から見える北アルプス。左手には見るだけでテンションが上がる槍ヶ岳が、真ん中にはあの「大キレット」が綺麗に見えました。

南八ヶ岳
逆側には茶臼山越しに天狗岳や南八ヶ岳が見えます。今日明日の天候だったら南に行った方が良かったかなぁ?と少し後悔。

縞枯れ現象
縞枯山の「縞枯れ」とは、樹林帯の一部分が帯状に枯れて出来る白い縞模様のこと。この「縞枯れ現象」は風に由る説や土壌に由る説等諸説あるそうです。この縞枯山と茶臼山で大規模なものが見られます。

山岳カメラ小僧
とうとうKAZUはこっちの世界に行っちゃいました。山岳カメラはハマると厄介なんだけどねぇ~

縞枯山からの下り
縞枯山から五辻を目指し、下ります。締まった雪が3~5cm位乗っていたので、それほど滑らず、逆にクッション替わりになって膝に負担が掛からない状態。初冬の風景をじっくり眺めながら降りれました。

20分ほど下ると、後は平坦な道をロープウェイ山頂駅まで進みます。この辺りはこの時期でも観光客が訪れる遊歩道コースになっています。
山頂駅に戻ったら今度は北横岳方面へ。少し登って下を見下ろせば、日本庭園の様に美しい坪庭の全景が眺められます。

坪庭から北横岳へ
ここから坪庭とお分かれして北横岳への本格的な登りが始まります。

北横岳ヒュッテ
登ること約1時間、突然視界が開けて、ひょっこりと北横岳ヒュッテが現れます。お客さんがいない日は営業しないので、予めに予約が必要です。ちなみに今回は予約が直前だったので、素泊まりになりました。

宿に着いたのがちょうど16時で、日の入りは16時半。「この天気なら最高の夕日を拝むことが出来る!」もちろん我々は休むことなくザックを置いて、そのまま北横岳山頂を目指します。小屋からは約10分程度です。

北横岳南峰
南峰登頂そして今日という日に、万歳!!

夕日に染まる八ヶ岳
夕日に染まる八ヶ岳。強風の中、しばらくこの風景に見入っていました。もう言葉になりません。

北横岳からの夕日

北横岳ヒュッテでの夕食
今日は素泊まりなので、土間をお借りして、茅野駅で買った有り合わせの食材で味噌煮込み鍋を作りました♫日が沈むと外は気温-10℃、土間で2℃でした。う~ん、寒い!!だけに酒が進むぜ!白樺高原ワインを飲みながら、世知辛い世の中にヤサグレる3人。


【2日目】
七ツ池→北横岳南峰→北横岳北峰→亀甲池→双子池(双子池ヒュッテ)→大石川林道→雨池峠→縞枯山荘→ロープウェイ山頂駅(所要時間 約5時間 休憩含む)

北横岳ヒュッテの部屋
ゆっくり休んで、6時半起床。おはようございま~す!ちなみに夜はストーブが消されるので、部屋の中も0℃くらいまで冷え込みますが、布団は山ほど有るので大丈夫。

北横岳ヒュッテからの朝日
小屋からの朝日。心が洗われるぅ~~

七ツ池
北横岳ヒュッテ玄関正面に七ツ池への下り道が有ります。往復10分程度です。

北横岳南峰
ここが南峰から10分程度で着く、北横岳北峰山頂。正確にはこっちが最高点の様ですが、御来光や夕日を見るには南の方が綺麗です。

亀甲池
北横岳から1時間ほど一気に下ると現れる亀甲池。池の底に石が亀甲状に並んでいることから名付けられました。もうこの時期に厚い氷が張っていたので、お約束の氷上相撲開始。

双子池 雌池
亀甲池から40分で双子池 雌池。ちなみにこの周りがテント場になっているんですが、冬は池からの寒気が強そうでお奨めしません。写真では分かり難いですが、一応、池の中心まで薄く凍っています。

双子池ヒュッテ
雌池をグルッと半周すると双子池ヒュッテに到着。この時期はクローズしています。

双子池 雄池の前で
双子池 雄池の前で。

大石川林道
双子池に別れを告げるとすぐに大石川林道に出ます。この林道はマウンテンバイクで楽しむ人が多いのですかね。ちなみに紅葉時期には絶景ポイントです。しかし林道の一部が写真のように崩落していますので、自然落石には充分注意して通過して下さい。

荒船山
これが珍峰「荒船山」。「クレヨンしんちゃん」の作者、臼田儀人さんがここで滑落して亡くなられた為、名前が知られるようになりました。荒波を割って進む船を思わせるこの形、いやぁ~自然って不思議だなぁ。

雨池峠
大石川林道から再び登ること40分、雨池峠です。旅も大詰め、ここからロープウェイ山頂駅までは整備された平坦な道です。

縞枯山荘で一服
再び通りかかった縞枯山荘。ゴールはすぐそこなので、ここはのんびりホットコーヒーで一服を。お洒落な内装に、気さくなオーナー、年明けたらテレマークしに泊まりに来ようっと。


【番外編】
ロープウェイ山頂駅の一階売店に「こけもも大福」が売っています。どうもここだけの名物ってことになっています。しかも良く見ると「大臣賞」を受賞しているじゃないですか!良く見なかったけど何の大臣なんだろ??
蓼科名物、こけもも大福





関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 北横岳ヒュッテ 北八ヶ岳 北八ツ 北横岳 縞枯山 初冬 山小屋泊

2011-12-07 : 八ヶ岳・富士山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

tokyooutdoorlife

Author:tokyooutdoorlife
“アウトドアにちょこっと興味が湧いてきたよ~”って方でも分かり易くをモットーに、トレッキングやキャンプ、そしてバックカントリー等のアウトドアライフをご紹介。

Facebook

twitter

RECOMMEND


あらぺるとオンラインショップ
(ショッピングサイト)


楽天市場
(ショッピングサイト)


amazon/アマゾン
(ショッピングサイト)


L-Breath/エルブレス
(アウトドア用品店)


BAILO/バイロ
(アウトドアウェアメーカー)
BAILOロゴ

OUTDOOR RESEARCH
(アウトドア総合メーカー)


HILLBERG
(テント)


GSI outdoors
(クッカー/調理器具)


Klean Kanteen
(ボトル/マグ)


GREGORY
(ザック/リュック)


KAVU
(キャップ/ハット/小物)


AIGLE
(アウトドアウェア&バッグ)


OAKLEY/オークレー
(サングラス・ゴーグル)


C3fit
(機能タイツ)
GOLDWIN WEB STORE

CW-X
(機能タイツ)
【ワコールウェブストア】公式オンラインショップ☆

じゃらん
(宿泊予約)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。