スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

槍ヶ岳~北穂高岳~涸沢〈4泊5日〉

ずーっとやってみたかった、大キレット経由の槍~穂高縦走。
今回は北穂高までとして、癒しの涸沢キャンプを加えて行ってきました。

【どんな所?】
槍ヶ岳は飛騨山脈(北アルプス)南部にある標高3,180mの山である。山域は中部山岳国立公園に指定されており、日本で5番目に高い山である。長野県松本市・大町市・岐阜県高山市の境界にある。
北穂高岳は穂高連峰北端の山。日本有数の岩場である滝谷が西面にある。北峰と南峰の双耳峰で、北峰の山頂直下に北穂高小屋がある。北側に伸びる南岳への稜線は大キレットと呼ばれ、飛騨泣きや長谷川ピークと呼ばれる難所がある。( 出典Wikipedia)

【アクセスは??】
まずは上高地を目指します。
上高地へのアプローチは様々ですが、
電車    新宿駅→(JR特急あずさ)→松本駅→(松本電気鉄道上高地線)新島々駅→(アルピコバス)→上高地
マイカー  中央自動車道or長野自動車道 松本IC→(国道158号)→沢渡駐車場で車を預けて、上高地へはシャトルバス
直通バス  新宿から直通バス(さわやか信州号)

一番楽なのは夜行で寝てる間に運んでくれる直通バスだと思います。
朝早くからスタート出来るので、余裕をもった行程が組めます。

グリーンカー
今回はさわやか信州号のグリーンカー(3列シート)で快適な移動を楽しみました。

【持ち物は???】
装備一覧はこちらへ


【ルートは????】
上高地~槍沢ロッジ(泊)~槍ヶ岳(泊)~大喰岳~中岳~南岳~北穂高岳(泊)~涸沢(泊)~上高地
以上、KAZUのルート。


【1日目】
上高地~槍沢ロッジ(所要時間:5時間)
IMG_0037_20110821225743.jpg 
いつ来ても、心躍る上高地バスターミナル。

IMG_0038_20110821225742.jpg 
5分程歩くと、上高地のシンボル・河童橋に。

IMG_0039_20110821231634.jpg 
さらに5分程歩いた上高地ビジターセンター付近の橋、
ここの川底の緑が太陽に照らされて奇麗です。

IMG_0040_20110821231634.jpg 
1時間で明神に到着。
ここでひとやすみ。時間に余裕があったら明神池へぜひ行ってみましょう。
とても神秘的な池で、ずーっと眺めていたくなります。

IMG_0042_20110821231634.jpg 
さらに1時間歩くと徳沢です。
ここの食堂で朝ご飯!


IMG_0043_20110821231634.jpg
1時間ちょっと歩くと横尾に到着。
ここで穂高・涸沢方面と槍ヶ岳方面へ分かれます。

IMG_0051_20110821231633.jpg 
梓川って本当に美しいですね。

IMG_0053_20110821231633.jpg 
横尾から1時間40分程歩くと、槍沢ロッジに到着。
テント場はもう15分くらい先です。

【2日目】
槍沢ロッジ~槍ヶ岳(所要時間:6時間)

IMG_0054.jpg
 
槍沢ロッジから槍ヶ岳まではいくつかルートがありますが、一番歩きやすいのは、
槍沢~大曲~天狗原分岐~坊主岩小屋~槍ヶ岳山荘~槍ヶ岳です。
この坊主岩の辺りまでは緩やかな登りが続き、後半で一気に高度を上げて行く事になるので、
ペース配分に気をつけないと後半でバテます。

IMG_0055_20110821234633.jpg 
坊主岩から1時間と少し歩くと槍ヶ岳山荘。テント場も隣接。
ここに荷物を置いて山頂までは空身で、往復1時間です。

【3日目】
槍ヶ岳~大喰岳~中岳~南岳~北穂高岳(所要時間:6時間30分)

IMG_0060.jpg 
槍ヶ岳~北穂高間には、大キレットという難所があります。
準備運動をしっかりして、雷鳥に見送られながら出発!

IMG_0066.jpg
 
稜線沿いに2時間半ほど縦走すると南岳に着きます。

IMG_0068_20110822002413.jpg
 
山頂から少し歩くとある南岳小屋で一休みして、いよいよ大キレットに挑む準備をしましょう!

IMG_0070.jpg
 
キレットの随所にかかる垂直なハシゴ

IMG_0071.jpg 
遠い・・・ どこまで伸びてるのーっ?

IMG_0072.jpg 
油断を許さない状況が続いて、緊張でノドが乾きます。

IMG_0074.jpg 
ハードな上り下りでを繰り返すとこんな案内が。ホッとします。

IMG_0076_20110822002452.jpg
 
南岳小屋から3時間半頑張ると、ついに北穂高岳に到着!
大キレットはやはり難所です。集中し続けているので、体よりも精神的に疲れます。
北穂高小屋は山頂にありますが、テント場は涸沢方面へ少し下った所になります。

【4日目】
北穂高~涸沢(所要時間:2時間)

IMG_0077.jpg 
北穂高~涸沢への下りは、ハシゴやクサリ場もあって結構急なので、焦らずゆっくりと。
涸沢が見えてはいるのですが、なかなか近づきません・・・
IMG_0124_20110822004614.jpg 
北穂高より二時間で癒しの地、涸沢到着!
IMG_0113.jpg
カレー作ったり、
IMG_0122.jpg 
本読んだり、のんびりとキャンプを楽しみました。
小屋での宿泊は涸沢小屋涸沢ヒュッテ


そのころ一方、陽は・・・
陽は仕事が休めず4日目から合流。朝のニュースでは軒並み雷雨予報、嫌~な気分で5:30に東京を出発。案の定、高速はずっと土砂降りでノロノロ状態。「現地もこの調子なら今日涸沢に上がれるんだろうか?」と不安がよぎります。
「でも、行かなければKAZUが心配するかなぁ~?」とか
「今夜は俺が夕飯を作ると言っていただけに、KAZUに食材の用意が無かったらどうしよう?」とか
色々考えながら、上高地入り出来たのは11:00近く。
でもそこはさすがの『晴れ男』、陽!沢渡まで降り続いた雨も、上高地へのバスの間には嘘の様に上がってくれましたよ♪
上高地

さすがに楽しみにしていた「河童橋」からの景色はこんな感じ。
晴れていたらこんな素晴らしいんですよ!→〈ここをクリック〉
河童橋から

徳沢を過ぎた頃には晴れ間も見える程!ザック下ろすのが面倒なので、手抜きな自分撮り。
自分撮り

今回は正攻法で横尾大橋から涸沢に上がります。ここまでは、確実に遅れを取り戻すペースで「う~ん、順調!」
横尾大橋

そうこれが、クライミングの殿堂「穂高の屏風岩」。いつかは挑戦してみたいっす!
屏風岩

単調ながらいじめの様に続く登りを快調に飛ばし、ヘトヘトになりながらも約束の時間に遅れること30分、15:30に涸沢へ到着。のんきに読書するKAZUと目出たく合流し、ひとまず単独行の無事を祝って乾杯!
IMG_0137_20110822004614.jpg 

夕飯は約束の陽の手作り♫って言っても煮込み系しか出来ないんで、今日は「みそちゃんこ」で。締めにきしめん→辛ラーメンはなかなかですよ(笑)
涸沢での夕飯 
【5日目】

涸沢~北穂高岳~涸沢(所要時間:4時間半)
涸沢~上高地(所要時間:5時間半)

深夜から降り出した雨にちょっと躊躇したものの、陽は5:30にテントを抜け出して単独で北穂高岳へ。雨の下りはちょっとスリリング。
北穂高岳
 

涸沢から上高地はひたすら下るだけです。
上高地からのバス時間をチェックして、間に合う様に出発しましょう。
上高地バス時刻表
沢渡エリアには多数の日帰り温泉がありますので、ぜひ立ち寄って疲れを癒してください。
温泉ガイド

今回我々は、沢渡大橋バス停の目の前にある「梓(あずさ)湖畔の湯」に浸かりました。
夜20時まで営業しているので、下山が遅くなってもOK。
今回は悪天候に悩まされた山登りでした。
横殴りの雨風に包まれる穂高を描いてみました・・・
IMG_2520.jpg 


↓アイテム探しはこちらから↓


関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 北アルプス

2011-08-28 : 北アルプス : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
はるさん

こんにちは。
こちらこそ、読んでいただいてありがとうございます。
我々はただの会社の同僚です。
お互い、飽きてます 笑

もう紅葉の季節ですね!
お互い、怪我などに気をつけて、大自然を楽しみましょう。
2011-09-07 21:20 : tokyooutdoorlife URL : 編集
No title
ルート等すごく分かりやすくて参考になりました。
ありがとうございます。

健脚なのが羨ましいです。
山で合流ってかっこいいです^^

お二人はなに繋がりなのですか?
山でこんなにぴったりの友達っていいですね。
2011-09-07 20:37 : はる URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

tokyooutdoorlife

Author:tokyooutdoorlife
“アウトドアにちょこっと興味が湧いてきたよ~”って方でも分かり易くをモットーに、トレッキングやキャンプ、そしてバックカントリー等のアウトドアライフをご紹介。

Facebook

twitter

RECOMMEND


あらぺるとオンラインショップ
(ショッピングサイト)


楽天市場
(ショッピングサイト)


amazon/アマゾン
(ショッピングサイト)


L-Breath/エルブレス
(アウトドア用品店)


BAILO/バイロ
(アウトドアウェアメーカー)
BAILOロゴ

OUTDOOR RESEARCH
(アウトドア総合メーカー)


HILLBERG
(テント)


GSI outdoors
(クッカー/調理器具)


Klean Kanteen
(ボトル/マグ)


GREGORY
(ザック/リュック)


KAVU
(キャップ/ハット/小物)


AIGLE
(アウトドアウェア&バッグ)


OAKLEY/オークレー
(サングラス・ゴーグル)


C3fit
(機能タイツ)
GOLDWIN WEB STORE

CW-X
(機能タイツ)
【ワコールウェブストア】公式オンラインショップ☆

じゃらん
(宿泊予約)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。