スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

槍ヶ岳〈1泊2日〉~1日目

もうかれこれ8~9年くらい経ちますか!?登山にハマるきっかけとなった『槍ヶ岳』。3,000m峰は小学生の頃に父親に連れられて登った北岳に続いて2度目でした。不十分な装備で上高地に戻って来た時には《全身びしょぬれ、荷物は水没、おニューのスニーカーは靴底パカパカ、足裏血豆だらけ》と心身ともにボロボロの苦~い思い出の『槍ヶ岳

【ルートは??】
今回は〈低山は経験ありの、アルプスは木曽駒ヶ岳くらい〉を4人引き連れてなので、代表的な上高地からのピストンルートを選択。参加者は大阪/愛知からの合流なので、初日の時間に余裕のある槍沢ロッジに泊まり、山小屋2泊は避けて最終日は温泉へ!にしました。

先週の穂高同様、上高地から。

~おさらい~
上高地へのアプローチは様々ですが、
電車     新宿からJR特急あずさと上高地線を乗り継いで新島々からバス。
マイカー   マイカー規制をしているので沢渡駐車場で車を預けてバス。
直通バス   新宿からの直通バス。

今回は沢渡まで車で行って、そこからタクシーで上高地に!
バスだと往復券2,000円ですが、タクシーは最大5人まで乗れて4,000円ですから、4人以上ならお得です!

【1日目】
上高地・河童橋→〈1時間〉→明神橋→〈1時間〉→徳沢→〈1時間〉→横尾→〈40分〉→槍沢ロッジ(泊)


出発地は「上高地バスターミナル」。タクシーもここまで連れて来てくれます。そして運が良ければ運転手さんの上高地ガイド付き!「大正池とは・・・」なんて風に。ただし、ハズレ引くと・・・自分の昔話を延々と聞かされます。
上高地バスセンター

上高地のシンボル的観光ポイント。芥川龍之介著「河童」の中に登場して一躍有名に。ここから穂高連峰が一望できます。
河童橋から穂高

上高地からまずは「明神」へ。横尾まで続く整備の行き届いた林道は景観美しく気分が良いです。
上高地から明神を目指す

上高地からゆっくり1時間、最初の目標地は「明神橋」です。後ろに聳えるのは「明神岳」。
明神橋

「徳沢」へ向かう途中、広大な梓川の河原風景。先を急ぐ最中でもついつい目を奪われます。
明神~徳沢間の梓川風景

「明神橋」から更にゆっくり1時間、キャンプ場もある「徳沢」です。もし前泊するならここの「徳沢園」がお奨めです。「涸沢」までブラッと組もここをベースにされる様です。
唐沢園

徳沢から20分、グラグラの吊り橋「新村橋」。橋を渡れば「屏風のコル」経由で「涸沢」方面に。
新村橋

「横尾」に到着!綺麗なトイレや水場があり、スペースも広々していますので、ランチ休憩に最適です。ちなみに「横尾山荘」は最近改装されて外観から綺麗になり、お風呂なんかの設備も整っていますので、宿泊にもお奨めです。ここに泊まるとすれば、〈1泊目:槍沢ロッジ→山頂→2泊目:横尾山荘〉という“ゆったり槍ヶ岳2泊3日コース”になるでしょうか。
横尾

横尾から今日の宿泊地「槍沢ロッジ」へ。ここからだんだん登山道らしくなっていきます。次第に足元もガレてくるので注意して歩進めして下さい。
横尾から槍沢へ

横尾から40分程度で現れる「槍見河原(別名:槍見の沢)」。ここで初めて「槍ヶ岳」が拝めます。
槍見河原

槍見河原から見上げる「槍ヶ岳」。素人でも連なるアルプスの山々の中から用意に見分けることが出来る、一度見たら忘れられないその独特な外観。当然、初めて見たパーティーからは大歓声!「あれ登れるの??」分かる分かる、私も最初そう思いました(笑)
槍見河原から槍ヶ岳を望む

どうですか?この梓川の清流。ガラスの様な透明度、流れが集まるとエメラルドブルーに輝きます。ここでも大歓声(笑)
梓川上流

槍見河原を過ぎて暫くするといよいよ登りが始まります。とは言っても体慣らしにちょうど良い緩やかな登り。そして体が暖まる頃には到着の「槍沢ロッジ」、初日の宿泊地です。
槍沢ロッジ

「槍沢ロッジ」にて。カズは学生時代にここで働いていていたようです。食事や従業員の接客も標準以上ですし、寝床も快適ですのでお奨めします。ちなみに、お風呂に期待される方がいらっしゃいますが、ほんと早く着かないと垢だらけの濁り湯になっていますので入る気になりません。
槍沢ロッジにて


→2日目に続く


関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 槍ヶ岳

2010-07-26 : 北アルプス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

tokyooutdoorlife

Author:tokyooutdoorlife
“アウトドアにちょこっと興味が湧いてきたよ~”って方でも分かり易くをモットーに、トレッキングやキャンプ、そしてバックカントリー等のアウトドアライフをご紹介。

Facebook

twitter

RECOMMEND


あらぺるとオンラインショップ
(ショッピングサイト)


楽天市場
(ショッピングサイト)


amazon/アマゾン
(ショッピングサイト)


L-Breath/エルブレス
(アウトドア用品店)


BAILO/バイロ
(アウトドアウェアメーカー)
BAILOロゴ

OUTDOOR RESEARCH
(アウトドア総合メーカー)


HILLBERG
(テント)


GSI outdoors
(クッカー/調理器具)


Klean Kanteen
(ボトル/マグ)


GREGORY
(ザック/リュック)


KAVU
(キャップ/ハット/小物)


AIGLE
(アウトドアウェア&バッグ)


OAKLEY/オークレー
(サングラス・ゴーグル)


C3fit
(機能タイツ)
GOLDWIN WEB STORE

CW-X
(機能タイツ)
【ワコールウェブストア】公式オンラインショップ☆

じゃらん
(宿泊予約)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。