スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

至仏山日帰り

【至仏山とは】
至仏山(しぶつさん、しふつさん)は、群馬県の北東部、みなかみ町と片品村との境界に位置する標高2,228.1mの山である。二等三角点「至仏山」が設置されている。日本百名山の1つに数えられており、尾瀬国立公園[1]に属する。標高はオーストラリア大陸の最高峰(七大陸最高峰)のコジオスコとほぼ等しい(ただし登山の難易度は標高だけでは決まらないことには注意)。山体は太平洋側と日本海側の分水嶺ではあるが、県境ではなく群馬県内に位置する。

至仏山は、オゼソウ・ホソバヒナウスユキソウ・タカネバラ等の高山植物が有名で、尾瀬一帯を眼下に見下ろすことができる。山体が蛇紋岩でできているため、特殊な蛇紋岩植物と呼ばれる植物群が生育することで植物ファンに名高い。同様に蛇紋岩植物が多い花の山として、北海道のアポイ岳や岩手県の早池峰山などがある。(出典:Wikipedia)

【アクセス】
電車
東京駅→(JR新幹線MAXとき319号50分)→高崎→(JR上越線・水上行)JR沼田駅→(関越交通バス1時間35分)→尾瀬戸倉→(同40分)→鳩待峠
※関越交通バス時刻表はこちら

マイカー
関越自動車道・沼田IC→120号→401号→63号→鳩待峠
※津菜木橋~鳩待峠はシーズン中一般者の通行禁止です。マイカーは戸倉(鳩待峠行きバス連絡所)奥の駐車場に駐車し乗合バスや乗合タクシーに乗り換え冬期通行止

【装備一覧】
ザック:GRANITEGEAR(グラナイトギア) クラウンVC60
ハードシェル:BAILO(バイロ) eVENT JKT1 M 1 イーベントジャケット
レインパンツ:BAILO(バイロ) ミクロコード 2.5L レインパンツ 1M
ミッドレイヤー:BAILO(バイロ) スピードフリース34/2M
Tシャツ:BAILO バイロ/AARON T-SHIRT 1M アーロンTシャツ 1M
パンツ:BAILO バイロ/GLYDER PANT 3M グライダーパンツ 3M
パンツ:BAILO バイロ/FAST PANTS 1M ファストパンツ1M
靴:FITWELL/フィットウェル スコルピオン
コンロ:JETBOIL(ジェットボイル) バーナー SOL チタニウム
ヘッドランプ:BlackDiamond(ブラックダイヤモンド) コズモ
水筒:Platypus(プラティパス) SOFT BOTTLE 1.0L
nalgene(ナルゲン) 広口1.0L Tritan クリア 91316
地図:山と高原地図 尾瀬 燧ヶ岳・至仏山2013

その他:エマージェンシーキット、キッチンペーパー&ウェットティッシュ、虫除けスプレー

装備のポイント:夏の暑さに耐えられるよう、薄手の吸水速乾Tシャツと雨が降る事が予想された為、レインウェアなどを充実させました。

【難易度】
初級~中級

【ルート】
鳩待峠→山の鼻→至仏山山頂(3時間)→小至仏山(35分)→オヤマ沢田代(20分)→鳩待峠(1時間10分)

本日もいつも通りの遅めの出勤。鳩待峠には9時30分頃の到着でした。
ここから1分程上がったところに鳩待山荘があります。トイレ、水場があります。

至仏山は、美しい高山植物や眺望の良さから、年間約2万人の登山者が訪れています。しかし登山道沿いでは長年の利用の影響などから、植物が衰退し、泥炭や土壌が流失してしまっています。
こうした深刻な状況を受けて、尾瀬保護財団では関係者構成される「至仏山保全対策会議」を設置し、科学的な調査や利用実態の把握を行い、保全のための様々な対策を行っています。

至仏山 鳩待峠2
至仏山 鳩待峠
登山口には、自然保護の為の足拭きマットが設置されていて、係員の方が自然保護に関する注意事項を教えてくれますので、ルールをしっかり守り、楽しい登山にしましょう。
至仏山 登山口
さていよいよ出発です。まずは、尾瀬ヶ原手前の"山ノ鼻"を目指します。今のところ天候は曇りで少しガスっています。森林保護の為設置されている木道を歩きます。周りは木々に囲まれていますが、鬱蒼とした感じは全く無く、ピクニック気分で歩けます。20分程歩くと、左に至仏山の雄姿が姿を現します。
至仏山 木道
至仏山 至仏山
至仏山は蛇紋岩という特殊な岩石で作られており、尾瀬では至仏山付近にしか分布していません。本来は暗緑色の岩石なのですが至仏山では風化が著しく、表面が茶褐色になっています。蛇紋岩という名前は、岩肌に蛇のような模様が見られることから命名されました。
蛇紋岩は植物の根から吸水を鈍らせる為、植物が育ち難く、他地域からの植物の侵入が難しい為、蛇紋岩地に適応した植物が残されました。
こうした植物を蛇紋岩残存植物(オゼソウ、カトウハコベなど)、蛇紋岩変形植物(ホソバヒナウスユキソウ、シブツアサツキなど)といいます。
さらに、蛇紋岩は大変滑りやすく、特に雨の日などはさらに滑りやすい為、注意が必要です。
写真上ヒメシャジン下ハナニガナ
至仏山 ヒメシャジン
至仏山 ハナニガナ
山ノ鼻のすぐ手前程の位置に、一級河川の川上川が流れています。
至仏山 一級河川
登山口から1時間程歩くと最初の目的地"山ノ鼻"に到着します。ここには、尾瀬の資料館の他、トイレ、水場、テント場、自炊場があります。
至仏山 山ノ鼻
至仏山 山ノ鼻 テント場

15分程の休憩を終えいよいよ山頂を目指します。まず、山ノ鼻を出てすぐなんともいえない素晴らしい景色の尾瀬ヶ原が視界に飛び込んできます。真夏でも時折涼しい風が吹きぬけとても気持ちの良い場所です。尾瀬ヶ原の先には至仏山の山姿が現れます。
至仏山 尾瀬ヶ原 表札
至仏山 尾瀬ヶ原1
至仏山 尾瀬ヶ原2

ここまでは、登りは殆ど無く綺麗な景色を見ながらピクニック気分で歩けますが、尾瀬ヶ原を抜けるといよいよ至仏山に入ります。ここからは段々登りがきつくなります。道は木の階段のようになっており比較的歩きやすいです。ところどころに休憩用のベンチがあります。
至仏山 山道
至仏山 ベンチ
1時間程上がると、標高1700m程で早くも森林限界に達します。これも植物が育ち難い蛇紋岩で出来ている至仏山ならではの現象です。この辺まで来て何とかもっていた天気もとうとう崩れ、雨が降ってきました。
至仏山 森林限界
道は徐々に蛇紋岩の岩場が多くなり、おまけに雨も降っている為、とても滑りやすいです。眼下には広大な尾瀬ヶ原が見えます。天気が少し残念ですが、それでかなりの絶景です。
至仏山 蛇紋岩 岩場
至仏山 景色
第一鎖場に到着。斜度はそれほどきつくありません。何度も言いますが、蛇紋岩は滑りやすいので足元に十分注意しましょう。
至仏山 鎖場
至仏山 岩場
至仏山 岩場2
山頂で昼食の予定でしたが、適当なベンチを見つけたので、時間もおしていたので、この辺で食事にします。
本日の献立は、カレーと味噌汁です。クッカーはJETBOIL(ジェットボイル) バーナー SOL チタニウム。熱効率がとても良く、驚くほど少ない燃料で早くお湯が沸騰します。おすすめです。但し火力が強く調節もアバウトなので調理には少しコツがいります。使用する時は火傷に気をつけましょう。
至仏山 昼食
至仏山 カレーと味噌汁
そして蛇紋岩の岩場を超え山頂に到着、天気は悪く絶景も拝めませんでしたがここまで来れた達成感は格別です。
至仏山 山頂1
至仏山 山頂2
時間の都合もあり、休憩もそこそこに、下山を開始します。まずは、下山ルートにある小至仏山を目指します。標高は2000mだそうで、至仏山は2200mですから、200m程下がる計算です。
降ったり止んだりの雨でしたが、この辺から本降りになり雨足も大分激しくなってきたので写真もあまり取れませんでしたが、小至仏山までの道のりは、とにかく蛇紋岩の岩山を降りて行く感じです。とても滑りやすく岩の一つ一つが大きい為、細心の注意が必要です。小一時間程かかりやっと至仏山に到着しました。予定では35分でしたが、雨で道が悪く大幅な遅れです。
小至仏山 山頂1
小至仏山を越えるとまた蛇紋岩の岩場が続きますが、やがて岩も減り木の階段が増えてきます。そして一時間程降りると笠ヶ岳との分岐点があり、右手にはオヤマ沢田代が見えてきます。尾瀬ヶ原程の広さはありませんが、ここも見事な湿原でした。天気が良い時にもう一度来たいです。
笠ヶ岳との分岐
オヤマ沢田代
そしてここを過ぎるとまもなくゴールです。今回は雨で山頂からの眺望などは拝めませんでしたが、尾瀬ヶ原の広大な大地に吹く心地よい風や蛇紋岩の岩場など都会では味わえない大自然ならではの心地よい感覚を味わえました。今回も本当に来て良かったです。
至仏山 下山ルート

下山後は恒例の温泉です。今回の温泉寄居山温泉 ほっこりの湯泉質はアルカリ性単純温泉で源泉100%の温泉に浸かり、一日の疲れを取り本日の至仏山ツアーを終了しました。
今回は雨でしたが、天気が良い時にまた登りたいと心の底から思える山でした。
関連記事
2013-08-26 : 山のページ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

tokyooutdoorlife

Author:tokyooutdoorlife
“アウトドアにちょこっと興味が湧いてきたよ~”って方でも分かり易くをモットーに、トレッキングやキャンプ、そしてバックカントリー等のアウトドアライフをご紹介。

Facebook

twitter

RECOMMEND


あらぺるとオンラインショップ
(ショッピングサイト)


楽天市場
(ショッピングサイト)


amazon/アマゾン
(ショッピングサイト)


L-Breath/エルブレス
(アウトドア用品店)


BAILO/バイロ
(アウトドアウェアメーカー)
BAILOロゴ

OUTDOOR RESEARCH
(アウトドア総合メーカー)


HILLBERG
(テント)


GSI outdoors
(クッカー/調理器具)


Klean Kanteen
(ボトル/マグ)


GREGORY
(ザック/リュック)


KAVU
(キャップ/ハット/小物)


AIGLE
(アウトドアウェア&バッグ)


OAKLEY/オークレー
(サングラス・ゴーグル)


C3fit
(機能タイツ)
GOLDWIN WEB STORE

CW-X
(機能タイツ)
【ワコールウェブストア】公式オンラインショップ☆

じゃらん
(宿泊予約)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。