スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

武甲山〈日帰り〉

西武秩父からの帰り道、車窓からまもなく左手に見える山「武甲山」。

【どんな所?】
埼玉県の西部、秩父盆地の南端にある山で、2002年現在の標高は1,304メートル。奥武蔵・秩父の山の盟主。日本二百名山の一つに数えられるんだそうです。
「武甲山」の名称は、日本武尊が東征の際、自らの甲(かぶと)をこの山の岩室に奉納したという伝説に由来すると一般にいわれているとの事。
かつての武甲山は秩父盆地の南側に急峻で男性的な山容をもって威圧的に聳えており、日本武尊は、この山の姿を見て「勇者の肩を怒らせるが如し」と評したともいわれたそうですが、現在では石灰岩採掘のため、怒った肩はすっかりこそげ落ち、秩父盆地から見る姿は以前に比べ貧相なものとなっています。それでも武甲山は奥武蔵の最高峰でその姿は雄大です。。

【ルートは??】
横瀬→〈1時間50分時間〉→一の鳥居→〈2時間20分〉→武甲山山頂→〈40分〉→長者屋敷ノ頭→〈1時間40分〉→橋立鍾乳洞→〈10分〉→浦山口駅

再び池袋駅6:55発レッドアローちちぶ5号で、一路横瀬駅へ。武甲山~車窓から

ちなみに横瀬駅の軽食屋は9時から営業なので、朝どうしてもお腹が空いた方は国道299号沿いのこちらのお蕎麦屋さんへ。
ボリューム満点で味も良くお奨めです!
そば屋

このちょい先にはセブンイレブンもあるので最後の支度にどうぞ。
どちらも駅から1km程度あるのですが、大して武甲山への遠回りにはなりません。

ここから1時間、セメント工場に囲まれたアスファルトの道路をひたすらのんびり歩きます。
でもちょっとこれがキツイ大雨の直後にも関わらず、石灰の匂いが漂ってきます。
恐らく、辺り一面に石灰の微粉が漂っているんでしょう。

セメント工場

ダンプの運ちゃんも防塵マスクをしているし、工場の職員はみんな自家用車が白色だし、、、早くここを立ち去らねば具合が悪くなってきそう。。。
一の鳥居までタクる人の気持ちが分かりましたわ

工場群を抜けて自然が増えてきた頃に最初の水場。この先にもありますのでそんなにガッツかなくても良いです。

最初の水場

↓そこからすぐに、山頂の御嶽神社まで続く参道のスタート地点が↓
一の鳥居
↑一の鳥居とメタボな陽↑
↓メタボから脱出したと言い張るカズ↓
モンチュラ?


この先に、「入口鉄板の橋」と呼ばれる分かれ道がありますが、左手の橋を渡る方は林業道路なので、看板で「武甲山」と書かれた直進方面の表参道を選びましょう。

↓第二の水場↓
不動滝
「不動滝」。勝手に日本名滝100選に選んでおきました。日本庭園にありそうな癒し系。

大杉
「大杉」本当に大きな杉。しかも、枝が落とされていないので異様な佇まい。ここまでくれば山頂までは一息!

「武甲山の肩」ほぼ山頂。この山では一日に四回、採掘のための発破をするらしい
武甲山の肩

山頂
山頂より秩父

山頂の雰囲気を一言で表すと「立派」(笑)
眺望はすばらしく、秩父の町が見下ろせます。
ただ残念なのは頂上が人工的で狭くて味気無いこと。

昨日まで大雨予報だったのに、まさかこの標高で雲海が見れるとは!感動です。

雲海

↓さらに下を見下ろすと、採掘現場が丸見え↓
採掘場

一の鳥居から山頂までのペースセットタイムは2時間20分。それほど急な部分も無くてとても歩きやすい道です。「道具は揃えた、さて山登りをしてみたい!」って方にお勧めです。

下りは同じ道を降りるのもつまらないので、長者屋敷ノ頭を通って秩父鉄道・浦山口駅へ抜ける2時間30分のルート。
駅まで10分くらいの所に橋立鍾乳洞というのがあり、200円で観覧できる。
夏でもヒンヤリしているので、クールダウンにいいかも!?

で、その鍾乳洞の前にあるのがこの土津園
絶っっっ対に寄ったほうがいいです!
ビールが美味いのは言うまでも無く、おばちゃん最高!!
土津園


大持山・小持山を縦走するコースもあり、これも日帰りで歩けます。
トレランも盛んで気軽に登れるやさしい山ですが、装備はしっかりと。

あ!熊よけの鈴を忘れずに


by陽~カズ
関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 秩父

2010-06-20 : 奥武蔵・秩父 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

tokyooutdoorlife

Author:tokyooutdoorlife
“アウトドアにちょこっと興味が湧いてきたよ~”って方でも分かり易くをモットーに、トレッキングやキャンプ、そしてバックカントリー等のアウトドアライフをご紹介。

Facebook

twitter

RECOMMEND


あらぺるとオンラインショップ
(ショッピングサイト)


楽天市場
(ショッピングサイト)


amazon/アマゾン
(ショッピングサイト)


L-Breath/エルブレス
(アウトドア用品店)


BAILO/バイロ
(アウトドアウェアメーカー)
BAILOロゴ

OUTDOOR RESEARCH
(アウトドア総合メーカー)


HILLBERG
(テント)


GSI outdoors
(クッカー/調理器具)


Klean Kanteen
(ボトル/マグ)


GREGORY
(ザック/リュック)


KAVU
(キャップ/ハット/小物)


AIGLE
(アウトドアウェア&バッグ)


OAKLEY/オークレー
(サングラス・ゴーグル)


C3fit
(機能タイツ)
GOLDWIN WEB STORE

CW-X
(機能タイツ)
【ワコールウェブストア】公式オンラインショップ☆

じゃらん
(宿泊予約)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。