スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

乾徳山 日帰り

乾徳山(けんとくさん)は、山梨県山梨市にある標高2,031mの山で、奥秩父の山域にある。
山梨市北部の旧三富村域の中部からやや西方に位置。南麓には笛吹川支流の徳和川が南東流し、徳和渓谷を形成しつつ笛吹川と合流する。西面には岩壁がそびえる岩山で、南アルプスや奥秩父の山々、富士山が遠望できる。『甲斐国志』に拠れば、1330年に現在の甲州市(旧塩山市小屋敷)に恵林寺を開いた夢窓疎石が修行したということで知られ、乾徳は恵林寺の山号になっている。山には国師が座禅をしたといわれる座禅石や髪剃岩、天狗岩などの奇石があり、中腹には同じく国師との関わりを伝える銀晶水、錦晶水などの水飲場があり、山岳信仰にも関係していると考えられている。
(ウィキペディアより出典)

【アクセス】
電車:新宿駅→(JR特急あずさ)→塩山駅南口→(山梨交通バス西沢渓谷線)→乾徳山登山口

  ※路線バスの詳細はこちら

マイカー:中央自動車道 勝沼ICから約22km(30分)

【装備一覧】
ザック:ULA/CDT
ハードシェル:BAILO/バイロ eVENT JKT 1M イーベントジャケット
レインパンツ:BAILO/バイロ ミクロコード 2.5L レインパンツ 1M/Microcord stretch 2.5L RAIN PANT 1M
ミドルレイヤー:BAILO/バイロ SPEED FLEECE/スピードフリース
Tシャツ:BAILO/バイロ AARON SHIRT 2M アーロンシャツ 2M
パンツ:BAILO/バイロ GYLVE PANT 1M ジルブパンツ 1M
靴:fitwill(フィットウェル) スコルピオン
コンロ:JETBOIL(ジェットボイル) JETBOIL SOL チタニウム
マグカップ:evernew titanium mag 300
食器:EPlgas イーピーアイガス 超軽量・高耐久性 C-5201 アルミ3点食器セット
ヘッドライト:BlackDiamond(ブラックダイヤモンド) コズモ
水筒:Platypus(プラティパス) SOFT BOTTLE 1.0L
コンパス:SUUNTO(スント) Suunto A-10
地図: 山と高原地図 26金峰山・甲武信
タオル:PackTowl(パックタオル) UltraLite S
時計:SUUNTO(スント) CORE

その他携行品:エマージェンシーキット、スタッフサック、キッチンペーパー&ウェットティッシュ

装備のポイント:夏の猛暑も一段落し、登山には丁度良い季節になりました。ただ、あまり天気が良くないので雨対策と寒さ対策は万全にしました。後は、今までの経験から出来るだけ荷物を軽くするように工夫しました。

【難易度】
中級


【ルート】
乾徳山登山口→国師ヶ原高原ヒュッテ(1時間40分)→月見岩(45分)→扇平(5分)→鳳岩(1時間00分)→乾徳山山頂(10分)→下山道 国師ヶ原高原ヒュッテ(1時間30分)→乾徳山登山口(1時間20分)

今回も陽さんとの登山。もうお馴染みになって参りました。今回は6時待ち合わせ登山口に着いたのが10時ごろ、相変わらず遅めのスタートですね。これは私が留める予定の駐車場を通り過ぎてしまった為でした。やっちゃいました。
そんなこんなで登山スタート!

まずは、通り過ぎてしまい戻った道を上がっていきます。(汗)そして、暫く行くと登山道入り口が見えてきます。
乾徳山 登山口
乾徳山 案内板

まずは、緩やかな登りで、つづらおりの道が続きます。ゴロゴロした岩が多少転がってますが、問題なく比較的歩き易い道と言えるでしょう。
乾徳山 登山道
乾徳山 登山道1
登山道入り口から30分程行くと、第一水場の銀晶水があります。ただ、水場と言っても気持ち程度、ちょぼちょぼと水量も非常に少ないうえ、雨天の時などは、ぬかるんでいて、近づく事すら困難です。
ちなみにこの辺りからは、一気に急登になります。
乾徳山 銀晶水 表札
乾徳山 銀晶水 水場
急登を30分程歩くとまたまた水場の錦晶水があります。ここは注意して見ないとうっかり見落としてしまいそうな感じです。そしてこちらも気持ち程度のちょぼちょぼ程度です。顔を洗うと冷たくてとても気持ちいいです。
乾徳山 錦晶水
辺りは、木々で鬱蒼としており、岩は苔むしています。とても芸術的で綺麗です。
乾徳山 登山道2

乾徳山 登山道4
乾徳山 登山道3

ここから大体20分程で国師ヶ原高原ヒュッテがあります。現在は荒廃していますが、避難所として利用されています。
今まで鬱蒼としていた道が急に開けてきます、生憎の天気なので眺望は0でした(涙)しかし、暑くも寒くもなく丁度いい気温で時折吹く風がとても気持ちいいです。高原ヒュッテのところは、道が三叉に分かれていています。しっかりと表札を確認してから進みます。今回は、月見岩のある真ん中の道にむかいます。
乾徳山 登山道5
乾徳山 登山道 三叉
ここから45分程歩くと、月見岩があります。とても大きい岩で、一見よく上まで登れたなと思いますが、実は裏に回ると簡単に登れる事が解ります。晴れていれば見晴らし抜群だった事でしょう。残念・・・
乾徳山 月見岩
そして少し歩くとすぐに扇平に到着します。一見何もなさそうな草原でした。とにかく見通しが悪いです。
乾徳山 扇平
そしてここを過ぎると、段々と岩場が多くなり、登りもきつくなります。雨が降った後だったので、全体的に滑りやすい状態でした。トレッキングポールをお持ちの方はこの辺りからはしまって行った方が邪魔にならずに済むでしょう。
そして、道もとても解りづらいので、目印のをしっかり確認しながら慎重に進んだ方がいいでしょう。私は一人だったら間違えていたかもしれません(汗)
そしてその先には、髭剃岩があります。とても特徴的な形をしています。でも何で髭剃岩なんでしょうかね・・・なんとなく切れが良さそうなイメージですかね?
乾徳山 岩場
乾徳山 髭剃岩
そしてここを越えると乾徳山最大の難所8メートルの岩登りが待っています。ですがまず手始めに5メートル程の第一鎖場があります。ここでも下を見るとかなりの高さになります。
乾徳山 絶壁 鎖場2
乾徳山 絶壁 鎖場3
乾徳山 絶壁 鎖場1
途中に生えていた綺麗なきのこ食べられるのかなー・・・
乾徳山
ここを越えるといよいよ最大の難所8メートルの岩登りです。目の前に立つと嘘でしょ?って思います。正に絶壁!ここ登るのかー・・・と思います。
しかし、下を見ないで慎重に登っていけば大丈夫です。無理なら迂回路もありますのでくれぐれも無理はなさらないように。
乾徳山 絶壁 8m
乾徳山 絶壁 8m 2
乾徳山 絶壁 8m 3
乾徳山 絶壁 8m 4
この難所をクリアーするといよいよ山頂ですが、辿り着くまでには相変わらずの岩場が続きます。ここも道を間違えないよう慎重に行きましょう。そして山頂!2,031m乾徳山制覇!気持ちい~
乾徳山 山頂
そして相変わらず時間が無いので、そそくさと山頂を後にします。ふ~忙しい忙しい。
そして下山ルートですが、これがまた解り難い!地図を何度も確認しながらおりました。
皆さん紙ベースの登山地図を使用されている方も多いと思われますが、iphone等スマホをお持ちの方は、山と高原地図450円が結構便利です。山では電波が届かないところも多いですが、これはダウンロードさえしておけば、電波が無くても開けます、登山口で現在地を設定すれば以降自分が何処にいるか表記してくれるし、標高もわかります。地図を見るのが苦手な方にはお勧めです。但しバッテリーには注意しましょう。万が一無くなればマップが無い状態で山行する事になり、大変危険です。それほどバッテリーを食うわけではないですが、簡易充電機などあれば安心です。
乾徳山 下山ルート2
乾徳山 下山ルート3
乾徳山 下山ルート4
そしてハシゴ場
乾徳山 下山ルート1
下山道も序盤は岩がとても多くこの日は雨の後だったので、かなりの悪路でした。場所によっては滑落の危険もあります。そしてこんな感じの道が延々と続きます。私は、岩では滑りませんでしたが3度程泥で尻餅をつきました。
そして行きも通った国師ヶ原高原ヒュッテです。この辺まで来ると道も分かりやすく歩き易いです。でも私はここでも油断して一滑り(汗)ズボン泥だらけです。
そして、そんな私を癒すかのように鹿さんを発見!乾徳山は鹿が多く生息しているとの事、見れてラッキーです。
乾徳山 下山道 岩場
乾徳山 国師ヶ原高原ヒュッテ
乾徳山 鹿
そして予定よりかなり遅めのゴール!今回は下りが凄く疲れました。でもスリル有りアドベンチャー有りのとても楽しくバラエティー豊かないい山でした。ここもまた私の天気がいい時リベンジしたい山リストに入りました。
乾徳山 下山
乾徳山 下山 駐車場
そして恒例の温泉で~す!今回は乾徳山登山口の駐車場から5分の笛吹の湯です。露天風呂一つと内湯が2つあり、お湯は無色無臭のアルカリ性で少し温めですがとても気持ちのいいお湯でした。
そして今回は車なので、ビールはお預け、代わりにヨーグルトドリンクを飲みました。今回も天気が悪く視界は真っ白でしたが、アスレチック要素の高い良い登山でした。




テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

2013-09-17 : 山のページ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

八ヶ岳 一泊

【八ヶ岳~赤岳】
赤岳(あかだけ)は、長野県南佐久郡南牧村、諏訪郡原村、茅野市、山梨県北杜市にまたがる標高2,899 mの山。八ヶ岳中信高原国定公園南部に位置し、八ヶ岳連峰の最高峰である。山名は山肌が赤褐色であることに由来し、山頂は南峰と北峰に分かれており、南峰に一等三角点[1]と神社がある。北峰には赤岳頂上山荘がある。南峰とその南の権現岳との間はキレット(鞍部)となっている。麓は冬はスキー客で、夏は避暑地として賑わう。(ウィキペディアより出典)

【アクセス】
電車 JR新宿駅→(特急あずさ)→茅野駅→(アルピコバス:美濃戸口行)→美濃戸口
  ※アルピコバス時刻表はこちら

バス 新宿→(高速バス諏訪・岡谷・茅野-新宿線)→茅野駅→(アルピコバス:美濃戸口行)→美濃戸口
  ※高速バスの詳細はこちら

マイカー 中央自動車道 諏訪南IC→(10km)→美濃戸口
    ※駐車場:普通車150台/大型バス5台


【装備一覧】
ザック「グラナイトギア クラウンAC60」
ハードシェル:BAILO/バイロ eVENT JKT 1M イーベントジャケット
レインパンツ:BAILO/バイロ ミクロコード 2.5L レインパンツ 1M/Microcord stretch 2.5L RAIN PANT 1M
ミドルレイヤー:BAILO/バイロ SPEED FLEECE/スピードフリース
Tシャツ:バイロ/BAILO BREZZA 1M ブレザTシャツ
バイロ/BAILO アーロンTシャツ 1M/AARON T-SHIRT 5M
ベースレイヤー:バイロ/BAILO ヤツジェイ 2M/YATSU-J 2M
パンツ:BAILO/バイロ グライダーパンツ 3M/GLYDER PANT 3M
アンダータイツ:BAILO/バイロ FAST PANT ファストパンツ
靴:fitwill(フィットウェル) スコルピオン
コンロ:JETBOIL(ジェットボイル) JETBOIL SOL チタニウム
マグカップ:evernew titanium mag 300
食器:EPlgas イーピーアイガス 超軽量・高耐久性 C-5201 アルミ3点食器セット
テント:ダンロップ コンパクトアルパインテント VS10
シュラフ:プロモンテ ELシュラフ エクストリームライト
グランドシート:プロモンテ/VL14GS
シュラフマット:サーマレスト Zライト ソル レギュラー
ヘッドランプ:BlackDiamond(ブラックダイヤモンド) コズモ
水筒:Platypus(プラティパス) SOFT BOTTLE 1.0L
nalgene(ナルゲン) 広口1.0L Tritan クリア 91316
コンパス:SUUNTO(スント) Suunto A-10
地図: 山と高原地図 32.八ヶ岳 蓼科・美ヶ原・霧ケ峰 2013
タオル:PackTowl(パックタオル) UltraLite S
時計:SUUNTO(スント) CORE

その他携行品:エマージェンシーキット、スタッフサック、キッチンペーパー&ウェットティッシュ

装備のポイント:今回雨が降る事が予想された為、雨具を完備しました。初めてのテント泊の為、必要になりそうな物を幅広く集めましたが、少しザックが重くなってしまいました。次回は荷物を今一度見直し、減らせる物、代用出来る物等を考えてパッキングするようにしなくてはいけませんね。

【難易度】
初級〜中級


【ルート】
美濃戸→行者小屋(南沢)(テント泊)→地蔵尾根〜赤岳山頂→文三郎尾根→行者小屋(南沢)

集合は7時、しかし道が混んでいたのと多少ダラダラしていた事で、スタート地点の美濃戸口から一番手前のやまのこ村の駐車場に着いたのが15時30分頃でした。利用料金は一日1000円也2日以降は割引有り。

そして準備をしていよいよ人生初テント一泊八ヶ岳登山のはじまりです。本日の気温25度天気曇り、しかし予報だと全国的に雨となっており、夏場でもかなり涼しいです。流石に上着(フリース、ジャケット)などは必ずザックには入れておいた方が無難です。

歩き出してすぐにある赤岳山荘、ここは、我々が愛用しているイタリア生まれのアウトドアブランド"バイロ"を大々的に宣伝しています。
八ヶ岳 バイロ

そして暫く歩くと最初の分岐点が見えます。
右→南沢、左→北沢となります。ここを間違えるとさー大変!くれぐれもお気を付けて。
八ヶ岳 案内


ここからは、一気に山道らしくなります。回りには木々が茂り、道には、大き目の石が転がっています。しかし鬱蒼としている訳ではなく、天気が悪くても道はそれほど暗くはなくコケが良い感じに生えており、とても芸術的です。まるで映画もののけ姫に出てきた森のようです。
八ヶ岳 登山道1
八ヶ岳 登山道2
回りは木々に囲まれていますが、木との感覚が広めなのか、あまり鬱蒼とした感じはありません。むしろとても爽やかで気持ちの良い場所です。急登はあまり無く、比較的緩やかな道でした。そして暫く歩くとお地蔵さんがの出迎え。
今回の登山の無事を祈ります。
お地蔵さんを後にし、暫く歩くと今度は、少し開けた景色のいい場所があり、休憩にはもってこいです。
八ヶ岳 景色

暫く進むと道が一気に開け、ゴツゴツした岩が多い道になります。ここは以前は小川か何かだったのでしょうか?そういった地形です。道は大きな岩がゴロゴロしていて少し歩きにくいです。足首を固定できるハイカットのマウンテンブーツがいいのではないでしょうか・・・
八ヶ岳 開けた道
そして分岐点。一般的には右の方をいきます。
八ヶ岳 分岐
道はまた、深い木々に覆われ、ゴロゴロ岩の道を左手に見ながら進みます。そしてここまで来れば本日のテント場、行者小屋まで後少し、私はビールが大好きで、行者小屋に着いたら陽さんと二人で乾杯しようと約束を取り付けております。
普段日帰り山登の時は、何かあるといけないので、アルコールを我慢するのですが、今日は後ご飯食べて寝るだけなので解禁でーーーーす。八ヶ岳 行者小屋分岐案内
そして、18時、行者小屋へ到着です。
八ヶ岳 行者小屋

まずはテント場使用料の1000円を支払います。そして人生初のテント建設。最初は馴れずにあたふたしますが、実は、ちょっとだけ予習をして来たのでそれ程テンパリませんでした。皆さんもテントはじめての方は、一度張り方の予習をした方が慌てずにすみます。
遅めの到着のせいか、テント場には既にかなりのテントが張られており中々場所が決まりませんでした。

※行者小屋のご利用はこちらを参考に
八ヶ岳 テント場
まずは、なるべく平行な地面を選びます。これをしないと寝てるときしんどいです。そして次に下に落ちている物(岩や木片など)を出来るだけ取り除きます。そしてグランドシートと言うテントの下に敷く物があるので敷きます。
そしていよいよテント作りです。テント作りは解ってしまえばそれほど難しくはありません。ビールを飲みたい衝動を抑えながら丁寧に慎重にテントを張ります。快適に過ごせるようにね。
10分程で私と陽さんのテント完成!一人用なので小さく感じますが、入ってみるとかなり快適です。
八ヶ岳 テント 陽さん
八ヶ岳 テント イチロー

中に荷物、シュラフを置き、行者小屋備え付けのベンチにてご飯の用意今日のご飯は、チャーハンとカップヌードルチリトマト、陽さんは、白米に別売りのグリーンカレーを混ぜて食べていました。そしてビーーーール!初めての山でのビールは格別です。
八ヶ岳 行者小屋 食事2
八ヶ岳 行者小屋 食事

そしてこの後調子に乗って陽さんと私二人で一本のワインを空けて就寝。現在21時で少し早いですが、明日は4時起きで5時に登山再開なので。
八ヶ岳 二日目 山道
テントに入りシュラフに潜ります。私は寒がりなので、真夏でも冷える夜の為にシュラフは少し厚手の物を用意しています。そしてそれが大正解。今夜はとても寒く外に出てる時は、Tシャツの上にフリースとハードシェルを着ていました。
夏でも夜は防寒対策が必要ですね。
そして2日目、朝は、目覚ましより早く雨音で起こされました。とうとう降ってきたか・・・
そして、テントの側面を中から触ってみたら、ぶっしょり濡れていました。後で知ったのですが。これは雨が原因ではなく、ただの結露だそうです。しかし私が使っているダンロップのテントはポリエステル素材です。大体のテントはナイロン素材で出来ていますが、ポリエステル素材のテントはナイロン製より、水分が付きにくく早く乾きそして軽いです。ただしナイロン製より価格が高いのですが、ダンロップは価格も大分抑えられていて助かります。企業努力が伺えます、お勧めです。
そして、雨の中食事を外でささっと済ませ出発。またこの場所に戻って来るので荷物は必要最小限にします。テントも放置。当たり前ですが、リュックは軽いに越した事はございません。
そして出発!まずは地蔵尾根を上ります。山道は最初のうちは、鬱蒼とした木々の中を行きます。
八ヶ岳 二日目 山道
そして階段です。しっかり整備されていますが、かなり急です。重いリュックじゃしんどそうです。このような階段が度々登場します。
八ヶ岳 階段
そしていつの間にか森林限界(確か標高2500m程だったと思います。)を超えて、2600m程のところに顔の凛々しいお地蔵さんがお出迎え。流石地蔵尾根です。ここでも登山の無事を祈ります。残念ながら雨で景色は見れません。
八ヶ岳 地蔵尾根
八ヶ岳 地蔵尾根 地蔵
そして2時間程かかり、途中の目的地地蔵の頭に到着
八ヶ岳 地蔵の頭
そして赤岳展望荘を経由
赤岳展望荘2
赤岳展望荘
そして山頂の赤岳頂上荘に到着!赤岳制覇です。回りは霧で眺望は0でしたが、達成感は格別です。
そして赤岳展望荘で20分程休憩。少なくなってきた水を補給します。今まで私は普通の容器に飲料水を入れていたのですが、今回からハイドレーションという容器の先に管が付き管の先端を吸うと水が出る装置を使用しています。
いちいちリュック脇から容器を取り出さなくてもいいので便利です。ただし、リュックの背中の部分にしまうと体温で水がぬるめのお湯になる事があるのでご注意を。
赤岳 山頂
赤岳頂上荘
赤岳 山頂
赤岳山頂荘を出るとかなりの雨足と寒さに驚かせれます。帰りは文三郎尾根からテントのある行者小屋まで戻ります。
そして20分程降りた時点で何とアクシデント!今まで撮影用に使っていた陽さんのIphon5が浸水の為使用不可能に!
すいませんが、写真はここまです。
帰りは、岩場が多く雨で滑るので足場も悪いです。ところどころに階段がありますが、全体的には急坂です。
脚力に自信のない方はポールをお勧めします。
文三郎尾根を降りて120分程で行者小屋に到着します。そしてテントを片付けます。テントが複数ある時は、一人一張ではなく、一張づつ片付けると早いらしいです。
そして行きに登って来た道をげざんします。そして140分程でスタート地点のやまのこ村駐車場に到着。一泊二日八ヶ岳登山はこれにて幕を閉じます。そして恒例の温泉です。
今回は美濃戸口のバス停から程近い、八ヶ岳山荘にお邪魔しました。無料の休憩所で登山帰りのお風呂や待ち合わせ場所として利用されているようです。他にも仮眠室での仮眠や宿泊も出来ます。私達の目当ては勿論お風呂、なんと入浴料はたったの500円と良心的ですね。
洗い場は4つ程、湯加減はバッチリ!旅の疲れを癒します。

※詳しくはHPで

今回の登山も色々な新しい体験が出来ました。つい一ヶ月前からはじめた登山、しかも正直最初は乗り気ではなかった私ですが、不思議な事に今では登山の魅力にどっぷりはまってしまっています。
醍醐味として絶景を拝める事や自然と触れ合えるなどの魅力もありますが、他にも言葉に言い表せない喜びや、楽しさがそこにはあるような気がします。
これからも登山を続けその喜びや楽しさが、少しでも皆様に伝われば光栄と思います。

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

2013-08-27 : 山のページ : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

至仏山日帰り

【至仏山とは】
至仏山(しぶつさん、しふつさん)は、群馬県の北東部、みなかみ町と片品村との境界に位置する標高2,228.1mの山である。二等三角点「至仏山」が設置されている。日本百名山の1つに数えられており、尾瀬国立公園[1]に属する。標高はオーストラリア大陸の最高峰(七大陸最高峰)のコジオスコとほぼ等しい(ただし登山の難易度は標高だけでは決まらないことには注意)。山体は太平洋側と日本海側の分水嶺ではあるが、県境ではなく群馬県内に位置する。

至仏山は、オゼソウ・ホソバヒナウスユキソウ・タカネバラ等の高山植物が有名で、尾瀬一帯を眼下に見下ろすことができる。山体が蛇紋岩でできているため、特殊な蛇紋岩植物と呼ばれる植物群が生育することで植物ファンに名高い。同様に蛇紋岩植物が多い花の山として、北海道のアポイ岳や岩手県の早池峰山などがある。(出典:Wikipedia)

【アクセス】
電車
東京駅→(JR新幹線MAXとき319号50分)→高崎→(JR上越線・水上行)JR沼田駅→(関越交通バス1時間35分)→尾瀬戸倉→(同40分)→鳩待峠
※関越交通バス時刻表はこちら

マイカー
関越自動車道・沼田IC→120号→401号→63号→鳩待峠
※津菜木橋~鳩待峠はシーズン中一般者の通行禁止です。マイカーは戸倉(鳩待峠行きバス連絡所)奥の駐車場に駐車し乗合バスや乗合タクシーに乗り換え冬期通行止

【装備一覧】
ザック:GRANITEGEAR(グラナイトギア) クラウンVC60
ハードシェル:BAILO(バイロ) eVENT JKT1 M 1 イーベントジャケット
レインパンツ:BAILO(バイロ) ミクロコード 2.5L レインパンツ 1M
ミッドレイヤー:BAILO(バイロ) スピードフリース34/2M
Tシャツ:BAILO バイロ/AARON T-SHIRT 1M アーロンTシャツ 1M
パンツ:BAILO バイロ/GLYDER PANT 3M グライダーパンツ 3M
パンツ:BAILO バイロ/FAST PANTS 1M ファストパンツ1M
靴:FITWELL/フィットウェル スコルピオン
コンロ:JETBOIL(ジェットボイル) バーナー SOL チタニウム
ヘッドランプ:BlackDiamond(ブラックダイヤモンド) コズモ
水筒:Platypus(プラティパス) SOFT BOTTLE 1.0L
nalgene(ナルゲン) 広口1.0L Tritan クリア 91316
地図:山と高原地図 尾瀬 燧ヶ岳・至仏山2013

その他:エマージェンシーキット、キッチンペーパー&ウェットティッシュ、虫除けスプレー

装備のポイント:夏の暑さに耐えられるよう、薄手の吸水速乾Tシャツと雨が降る事が予想された為、レインウェアなどを充実させました。

【難易度】
初級~中級

【ルート】
鳩待峠→山の鼻→至仏山山頂(3時間)→小至仏山(35分)→オヤマ沢田代(20分)→鳩待峠(1時間10分)

本日もいつも通りの遅めの出勤。鳩待峠には9時30分頃の到着でした。
ここから1分程上がったところに鳩待山荘があります。トイレ、水場があります。

至仏山は、美しい高山植物や眺望の良さから、年間約2万人の登山者が訪れています。しかし登山道沿いでは長年の利用の影響などから、植物が衰退し、泥炭や土壌が流失してしまっています。
こうした深刻な状況を受けて、尾瀬保護財団では関係者構成される「至仏山保全対策会議」を設置し、科学的な調査や利用実態の把握を行い、保全のための様々な対策を行っています。

至仏山 鳩待峠2
至仏山 鳩待峠
登山口には、自然保護の為の足拭きマットが設置されていて、係員の方が自然保護に関する注意事項を教えてくれますので、ルールをしっかり守り、楽しい登山にしましょう。
至仏山 登山口
さていよいよ出発です。まずは、尾瀬ヶ原手前の"山ノ鼻"を目指します。今のところ天候は曇りで少しガスっています。森林保護の為設置されている木道を歩きます。周りは木々に囲まれていますが、鬱蒼とした感じは全く無く、ピクニック気分で歩けます。20分程歩くと、左に至仏山の雄姿が姿を現します。
至仏山 木道
至仏山 至仏山
至仏山は蛇紋岩という特殊な岩石で作られており、尾瀬では至仏山付近にしか分布していません。本来は暗緑色の岩石なのですが至仏山では風化が著しく、表面が茶褐色になっています。蛇紋岩という名前は、岩肌に蛇のような模様が見られることから命名されました。
蛇紋岩は植物の根から吸水を鈍らせる為、植物が育ち難く、他地域からの植物の侵入が難しい為、蛇紋岩地に適応した植物が残されました。
こうした植物を蛇紋岩残存植物(オゼソウ、カトウハコベなど)、蛇紋岩変形植物(ホソバヒナウスユキソウ、シブツアサツキなど)といいます。
さらに、蛇紋岩は大変滑りやすく、特に雨の日などはさらに滑りやすい為、注意が必要です。
写真上ヒメシャジン下ハナニガナ
至仏山 ヒメシャジン
至仏山 ハナニガナ
山ノ鼻のすぐ手前程の位置に、一級河川の川上川が流れています。
至仏山 一級河川
登山口から1時間程歩くと最初の目的地"山ノ鼻"に到着します。ここには、尾瀬の資料館の他、トイレ、水場、テント場、自炊場があります。
至仏山 山ノ鼻
至仏山 山ノ鼻 テント場

15分程の休憩を終えいよいよ山頂を目指します。まず、山ノ鼻を出てすぐなんともいえない素晴らしい景色の尾瀬ヶ原が視界に飛び込んできます。真夏でも時折涼しい風が吹きぬけとても気持ちの良い場所です。尾瀬ヶ原の先には至仏山の山姿が現れます。
至仏山 尾瀬ヶ原 表札
至仏山 尾瀬ヶ原1
至仏山 尾瀬ヶ原2

ここまでは、登りは殆ど無く綺麗な景色を見ながらピクニック気分で歩けますが、尾瀬ヶ原を抜けるといよいよ至仏山に入ります。ここからは段々登りがきつくなります。道は木の階段のようになっており比較的歩きやすいです。ところどころに休憩用のベンチがあります。
至仏山 山道
至仏山 ベンチ
1時間程上がると、標高1700m程で早くも森林限界に達します。これも植物が育ち難い蛇紋岩で出来ている至仏山ならではの現象です。この辺まで来て何とかもっていた天気もとうとう崩れ、雨が降ってきました。
至仏山 森林限界
道は徐々に蛇紋岩の岩場が多くなり、おまけに雨も降っている為、とても滑りやすいです。眼下には広大な尾瀬ヶ原が見えます。天気が少し残念ですが、それでかなりの絶景です。
至仏山 蛇紋岩 岩場
至仏山 景色
第一鎖場に到着。斜度はそれほどきつくありません。何度も言いますが、蛇紋岩は滑りやすいので足元に十分注意しましょう。
至仏山 鎖場
至仏山 岩場
至仏山 岩場2
山頂で昼食の予定でしたが、適当なベンチを見つけたので、時間もおしていたので、この辺で食事にします。
本日の献立は、カレーと味噌汁です。クッカーはJETBOIL(ジェットボイル) バーナー SOL チタニウム。熱効率がとても良く、驚くほど少ない燃料で早くお湯が沸騰します。おすすめです。但し火力が強く調節もアバウトなので調理には少しコツがいります。使用する時は火傷に気をつけましょう。
至仏山 昼食
至仏山 カレーと味噌汁
そして蛇紋岩の岩場を超え山頂に到着、天気は悪く絶景も拝めませんでしたがここまで来れた達成感は格別です。
至仏山 山頂1
至仏山 山頂2
時間の都合もあり、休憩もそこそこに、下山を開始します。まずは、下山ルートにある小至仏山を目指します。標高は2000mだそうで、至仏山は2200mですから、200m程下がる計算です。
降ったり止んだりの雨でしたが、この辺から本降りになり雨足も大分激しくなってきたので写真もあまり取れませんでしたが、小至仏山までの道のりは、とにかく蛇紋岩の岩山を降りて行く感じです。とても滑りやすく岩の一つ一つが大きい為、細心の注意が必要です。小一時間程かかりやっと至仏山に到着しました。予定では35分でしたが、雨で道が悪く大幅な遅れです。
小至仏山 山頂1
小至仏山を越えるとまた蛇紋岩の岩場が続きますが、やがて岩も減り木の階段が増えてきます。そして一時間程降りると笠ヶ岳との分岐点があり、右手にはオヤマ沢田代が見えてきます。尾瀬ヶ原程の広さはありませんが、ここも見事な湿原でした。天気が良い時にもう一度来たいです。
笠ヶ岳との分岐
オヤマ沢田代
そしてここを過ぎるとまもなくゴールです。今回は雨で山頂からの眺望などは拝めませんでしたが、尾瀬ヶ原の広大な大地に吹く心地よい風や蛇紋岩の岩場など都会では味わえない大自然ならではの心地よい感覚を味わえました。今回も本当に来て良かったです。
至仏山 下山ルート

下山後は恒例の温泉です。今回の温泉寄居山温泉 ほっこりの湯泉質はアルカリ性単純温泉で源泉100%の温泉に浸かり、一日の疲れを取り本日の至仏山ツアーを終了しました。
今回は雨でしたが、天気が良い時にまた登りたいと心の底から思える山でした。
2013-08-26 : 山のページ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

tokyooutdoorlife

Author:tokyooutdoorlife
“アウトドアにちょこっと興味が湧いてきたよ~”って方でも分かり易くをモットーに、トレッキングやキャンプ、そしてバックカントリー等のアウトドアライフをご紹介。

Facebook

twitter

RECOMMEND


あらぺるとオンラインショップ
(ショッピングサイト)


楽天市場
(ショッピングサイト)


amazon/アマゾン
(ショッピングサイト)


L-Breath/エルブレス
(アウトドア用品店)


BAILO/バイロ
(アウトドアウェアメーカー)
BAILOロゴ

OUTDOOR RESEARCH
(アウトドア総合メーカー)


HILLBERG
(テント)


GSI outdoors
(クッカー/調理器具)


Klean Kanteen
(ボトル/マグ)


GREGORY
(ザック/リュック)


KAVU
(キャップ/ハット/小物)


AIGLE
(アウトドアウェア&バッグ)


OAKLEY/オークレー
(サングラス・ゴーグル)


C3fit
(機能タイツ)
GOLDWIN WEB STORE

CW-X
(機能タイツ)
【ワコールウェブストア】公式オンラインショップ☆

じゃらん
(宿泊予約)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。