スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

上高地~涸沢~奥穂高〈2泊3日〉

涸沢の紅葉って見た事が無かったので、体育の日を含めた3連休にて混雑覚悟で行ってきました。

【どんな所?】
源は穂高岳の主峰、奥穂高岳であり、南側は標高3,000mの稜線である奥穂高岳と前穂高岳を結ぶ吊り尾根が屏風のように視界を遮っている。西にはザイテングラード(ドイツ語: Seitengrat)と呼ばれる支稜の先に穂高岳山荘のある白出のコルが望め、奥穂高より涸沢岳、北穂高岳へと続く穂高連峰の主稜線が連なっている。東側は前穂高岳の北尾根の峰々が並んでおり、その先端は、標高差1,000mの絶壁屏風岩のピークである屏風の頭である。北側は、北穂高岳の登山路のある南稜とゴジラの背と呼ばれる東稜が伸びている。
涸沢の雪解け水は、涸沢出合で横尾本谷と合流し、屏風岩の北側を横尾谷となって流れ、横尾で槍沢の水と合して梓川となり、上高地へと流れ下っている。
涸沢は穂高登山の中心地であり、夏には色とりどりのテントが数え切れない程ならぶテント場を見ることができる。また、南側を吊り尾根、東側を北尾根と、標高の高い稜線に遮られた北向きの沢であるため、夏場でも残雪が多く残るので、夏スキーのゲレンデとしても賑わいを見せる。
また、近年は紅葉の名所としても有名であり、三段紅葉とも呼ばれる岩場と木々のコントラストが見られるため、見頃の季節には全国からおびただしい人数の登山者が訪れる。( 出典Wikipedia)


【アクセスは??】
まずは上高地を目指します。
上高地へのアプローチは様々ですが、
電車    新宿駅→(JR特急あずさ)→松本駅→(松本電気鉄道上高地線)新島々駅→(アルピコバス)→上高地
マイカー  中央自動車道or長野自動車道 松本IC→(国道158号)→沢渡駐車場で車を預けて、上高地へは有料シャトルバス
直通バス  新宿から直通バス(さわやか信州号)

一番楽なのは夜行で寝てる間に運んでくれる直通バスだと思います。
朝早くからスタート出来るので、余裕をもった行程が組めます。
バスターミナル


【持ち物は???】
装備一覧はこちら


【ルートは????】
上高地~横尾経由~涸沢(泊)~奥穂高(日帰り)~涸沢(泊)~パノラマコース~上高地


【1日目】
上高地~涸沢(所要時間:6時間半)
※横尾経由

上高地
上高地バスターミナルを6時に出発。
ここは渋谷か?と思うほどの混み具合にちょっと引いてしまった。

河童橋
何度訪れても、なぜか写真を撮ってしまう河童橋。

明神
明神池。上高地に訪れる観光客の殆どはここまでで折り返し。ここから先はやはり登山客の方ですね。
朝バスターミナルに着いたものの、混雑していて落ち着いてご飯が食べれないって時は、この明神か次の徳沢まで頑張って歩いて朝ご飯が良いかもしれませんね。

徳沢
そして徳沢。
いつも思うのですが、ここのテント場は草地でとても気持ち良さそうなんです。
都内から車で来て、昼に上高地発って時はここに泊まると良いですね。

横尾
穂高方面と槍ヶ岳方面の分岐、横尾。
ものすごい人の数です。
トイレにも長蛇の列でした。

本谷橋
横尾から1時間程歩くと、休憩ポイントの本谷橋。
ここからはハードな登りが続くので、しっかり休息を。

涸沢
本谷橋からしばらく歩くと、涸沢カールが見えてきます。
見えてきますが、なかなか近づきません(笑)
13時前だと言うのに、既にこぼれそうなくらい色とりどりのテントが涸沢を埋め尽くしていました。

紅葉1
紅葉は前週の降雪により枯れてしまい、イマイチ。
しかしこの日、涸沢にはテント泊と小屋泊含めて2,000人もの人が訪れていたそうです・・・

涸沢の宿泊は↓
涸沢小屋
涸沢ヒュッテ

涸沢の夜

夜
夕食の時間になると、売店・トイレと至る所に行列が出来ていて、ディズニーランドのアトラクション並みでした。

夜2
そんな喧噪の中、涸沢の夜は更けて行きます。


【2日目】
涸沢~奥穂高~涸沢(所要時間:6時間半)

トワイライト
涸沢の夜明け。
夜明け

紅葉2
涸沢からザイテングラードを通って奥穂高へ向かいます。

ザイテン1
ここの道は浮き石も多くて急なので、慎重に歩きましょう。途中、クサリ場がありますが、慌てずゆっくり登れば大丈夫です。
なんと、この日は涸沢から奥穂高まで人で繋がっていました。
ザイテン3

奥穂高
奥穂高山荘から山頂までは大渋滞でした。

ジャンダルム
ちょっと足を伸ばしてジャンダルムを拝みに。ここは危険なので、必ず経験者の人と行きましょう。

紅葉5
この日、涸沢で一番綺麗な色をしていたのがコイツ。


【3日目】
涸沢~上高地(所要時間:6時間半)
※パノラマコース

パノラマ
涸沢からの帰りはパノラマコース利用。スタートして間もなく、涸沢を一望できるポイントがあります。
こちらは横尾経由と比べてアップダウンが続くので、物足りない人向けです。

猿
お猿様の脇をビクビクしながら通過。

河童橋付近には日帰り入浴&食事が可能な施設が点在するので、汗を流してさっぱりできます。
帰りのバス時間を調べてからごゆっくり。
日帰り入浴案内
上高地バス時刻表

アルペンホテル
今回は上高地アルペンホテル。どの施設も入浴受付時間を調べておいた方が良いですよ!

重たい荷物は涸沢に置いて、紅葉を眺めつつ北穂高か奥穂高へピストン。
この季節ならではの2泊3日の楽しみ方の一つですね。


KAZU

↓アイテム探しはこちらから↓






テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

2011-10-16 : 北アルプス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

槍ヶ岳~北穂高岳~涸沢〈4泊5日〉

ずーっとやってみたかった、大キレット経由の槍~穂高縦走。
今回は北穂高までとして、癒しの涸沢キャンプを加えて行ってきました。

【どんな所?】
槍ヶ岳は飛騨山脈(北アルプス)南部にある標高3,180mの山である。山域は中部山岳国立公園に指定されており、日本で5番目に高い山である。長野県松本市・大町市・岐阜県高山市の境界にある。
北穂高岳は穂高連峰北端の山。日本有数の岩場である滝谷が西面にある。北峰と南峰の双耳峰で、北峰の山頂直下に北穂高小屋がある。北側に伸びる南岳への稜線は大キレットと呼ばれ、飛騨泣きや長谷川ピークと呼ばれる難所がある。( 出典Wikipedia)

【アクセスは??】
まずは上高地を目指します。
上高地へのアプローチは様々ですが、
電車    新宿駅→(JR特急あずさ)→松本駅→(松本電気鉄道上高地線)新島々駅→(アルピコバス)→上高地
マイカー  中央自動車道or長野自動車道 松本IC→(国道158号)→沢渡駐車場で車を預けて、上高地へはシャトルバス
直通バス  新宿から直通バス(さわやか信州号)

一番楽なのは夜行で寝てる間に運んでくれる直通バスだと思います。
朝早くからスタート出来るので、余裕をもった行程が組めます。

グリーンカー
今回はさわやか信州号のグリーンカー(3列シート)で快適な移動を楽しみました。

【持ち物は???】
装備一覧はこちらへ


【ルートは????】
上高地~槍沢ロッジ(泊)~槍ヶ岳(泊)~大喰岳~中岳~南岳~北穂高岳(泊)~涸沢(泊)~上高地
以上、KAZUのルート。


【1日目】
上高地~槍沢ロッジ(所要時間:5時間)
IMG_0037_20110821225743.jpg 
いつ来ても、心躍る上高地バスターミナル。

IMG_0038_20110821225742.jpg 
5分程歩くと、上高地のシンボル・河童橋に。

IMG_0039_20110821231634.jpg 
さらに5分程歩いた上高地ビジターセンター付近の橋、
ここの川底の緑が太陽に照らされて奇麗です。

IMG_0040_20110821231634.jpg 
1時間で明神に到着。
ここでひとやすみ。時間に余裕があったら明神池へぜひ行ってみましょう。
とても神秘的な池で、ずーっと眺めていたくなります。

IMG_0042_20110821231634.jpg 
さらに1時間歩くと徳沢です。
ここの食堂で朝ご飯!


IMG_0043_20110821231634.jpg
1時間ちょっと歩くと横尾に到着。
ここで穂高・涸沢方面と槍ヶ岳方面へ分かれます。

IMG_0051_20110821231633.jpg 
梓川って本当に美しいですね。

IMG_0053_20110821231633.jpg 
横尾から1時間40分程歩くと、槍沢ロッジに到着。
テント場はもう15分くらい先です。

【2日目】
槍沢ロッジ~槍ヶ岳(所要時間:6時間)

IMG_0054.jpg
 
槍沢ロッジから槍ヶ岳まではいくつかルートがありますが、一番歩きやすいのは、
槍沢~大曲~天狗原分岐~坊主岩小屋~槍ヶ岳山荘~槍ヶ岳です。
この坊主岩の辺りまでは緩やかな登りが続き、後半で一気に高度を上げて行く事になるので、
ペース配分に気をつけないと後半でバテます。

IMG_0055_20110821234633.jpg 
坊主岩から1時間と少し歩くと槍ヶ岳山荘。テント場も隣接。
ここに荷物を置いて山頂までは空身で、往復1時間です。

【3日目】
槍ヶ岳~大喰岳~中岳~南岳~北穂高岳(所要時間:6時間30分)

IMG_0060.jpg 
槍ヶ岳~北穂高間には、大キレットという難所があります。
準備運動をしっかりして、雷鳥に見送られながら出発!

IMG_0066.jpg
 
稜線沿いに2時間半ほど縦走すると南岳に着きます。

IMG_0068_20110822002413.jpg
 
山頂から少し歩くとある南岳小屋で一休みして、いよいよ大キレットに挑む準備をしましょう!

IMG_0070.jpg
 
キレットの随所にかかる垂直なハシゴ

IMG_0071.jpg 
遠い・・・ どこまで伸びてるのーっ?

IMG_0072.jpg 
油断を許さない状況が続いて、緊張でノドが乾きます。

IMG_0074.jpg 
ハードな上り下りでを繰り返すとこんな案内が。ホッとします。

IMG_0076_20110822002452.jpg
 
南岳小屋から3時間半頑張ると、ついに北穂高岳に到着!
大キレットはやはり難所です。集中し続けているので、体よりも精神的に疲れます。
北穂高小屋は山頂にありますが、テント場は涸沢方面へ少し下った所になります。

【4日目】
北穂高~涸沢(所要時間:2時間)

IMG_0077.jpg 
北穂高~涸沢への下りは、ハシゴやクサリ場もあって結構急なので、焦らずゆっくりと。
涸沢が見えてはいるのですが、なかなか近づきません・・・
IMG_0124_20110822004614.jpg 
北穂高より二時間で癒しの地、涸沢到着!
IMG_0113.jpg
カレー作ったり、
IMG_0122.jpg 
本読んだり、のんびりとキャンプを楽しみました。
小屋での宿泊は涸沢小屋涸沢ヒュッテ


そのころ一方、陽は・・・
陽は仕事が休めず4日目から合流。朝のニュースでは軒並み雷雨予報、嫌~な気分で5:30に東京を出発。案の定、高速はずっと土砂降りでノロノロ状態。「現地もこの調子なら今日涸沢に上がれるんだろうか?」と不安がよぎります。
「でも、行かなければKAZUが心配するかなぁ~?」とか
「今夜は俺が夕飯を作ると言っていただけに、KAZUに食材の用意が無かったらどうしよう?」とか
色々考えながら、上高地入り出来たのは11:00近く。
でもそこはさすがの『晴れ男』、陽!沢渡まで降り続いた雨も、上高地へのバスの間には嘘の様に上がってくれましたよ♪
上高地

さすがに楽しみにしていた「河童橋」からの景色はこんな感じ。
晴れていたらこんな素晴らしいんですよ!→〈ここをクリック〉
河童橋から

徳沢を過ぎた頃には晴れ間も見える程!ザック下ろすのが面倒なので、手抜きな自分撮り。
自分撮り

今回は正攻法で横尾大橋から涸沢に上がります。ここまでは、確実に遅れを取り戻すペースで「う~ん、順調!」
横尾大橋

そうこれが、クライミングの殿堂「穂高の屏風岩」。いつかは挑戦してみたいっす!
屏風岩

単調ながらいじめの様に続く登りを快調に飛ばし、ヘトヘトになりながらも約束の時間に遅れること30分、15:30に涸沢へ到着。のんきに読書するKAZUと目出たく合流し、ひとまず単独行の無事を祝って乾杯!
IMG_0137_20110822004614.jpg 

夕飯は約束の陽の手作り♫って言っても煮込み系しか出来ないんで、今日は「みそちゃんこ」で。締めにきしめん→辛ラーメンはなかなかですよ(笑)
涸沢での夕飯 
【5日目】

涸沢~北穂高岳~涸沢(所要時間:4時間半)
涸沢~上高地(所要時間:5時間半)

深夜から降り出した雨にちょっと躊躇したものの、陽は5:30にテントを抜け出して単独で北穂高岳へ。雨の下りはちょっとスリリング。
北穂高岳
 

涸沢から上高地はひたすら下るだけです。
上高地からのバス時間をチェックして、間に合う様に出発しましょう。
上高地バス時刻表
沢渡エリアには多数の日帰り温泉がありますので、ぜひ立ち寄って疲れを癒してください。
温泉ガイド

今回我々は、沢渡大橋バス停の目の前にある「梓(あずさ)湖畔の湯」に浸かりました。
夜20時まで営業しているので、下山が遅くなってもOK。
今回は悪天候に悩まされた山登りでした。
横殴りの雨風に包まれる穂高を描いてみました・・・
IMG_2520.jpg 


↓アイテム探しはこちらから↓


テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 北アルプス

2011-08-28 : 北アルプス : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

剱岳~室堂ルート〈1泊2日〉 2日目

→1日目からの続き

《2日目》
剱沢キャンプ場→〈50分〉→一服剱→〈40分〉→前剱→〈1時間20分〉→剱岳→〈1時間10分〉→前剱→〈40分〉→一服剱→〈50分〉→剱沢キャンプ場

朝の剱。ホント険しい・・・
朝の剱

これ、本当に登れんの?ってハワイ帰りとは思えなくらい青白くなってる陽
あれ、登れるの?

まずは、一服剱までウォーミングアップ!
鎖場
こうして各鎖場にプレートが付いてます。

剱沢を振り返る。
本当に美しい渓谷
剱沢

ちなみに、基本的に荷物は山小屋orテントに置いて、山頂まではこんなアタックザックで登るので、ぜひ用意しましょう。
陽はトレラン用のザックを使ってました。
THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス) SHRIKE MID Men’s L LG(ラークスパーグリーン)アタックザック
自分のマムートのザックは天蓋がウェストバックになるのでそれを使いましたが、最近のトレラン用のザックはとても良く出来ている上にスタイリッシュで、「めっちゃ欲しい!!」って思いました。

そして一服剱
一服剱

さらに前剱
前剱

と、遊んでいたら登りの難所「カニのタテバイ」が近づいてきました。
カニ?

これがその「カニのタテバイ」
タテバイ
タテバイ2
陽がますます青くなってます

この難所を越えればまもなく山頂。
山頂まで
山頂まで2

ついに、剱岳制覇!!!!!
山頂

山頂は思いのほか広くて気持ち良いです。
360度のパノラマが楽しめます。
鹿島槍とか、
鹿島槍
槍ヶ岳など、
槍ヶ岳
ぜひ地図を持って山座同定を楽しんでください

山頂で散々遊んだ後の下りでは、第二の難所「カニのヨコバイ」を通ります。
剱岳は山頂付近になると上りと下りで一方通行となっており、ルートが違います。
ヨコバイ
ヨコバイ2

この難所を越えればあとは一気に扇沢まで登ってきたルートを下るだけです。

ですがっ、最後にある意味難所といえる所が残ってます。
雷鳥沢キャンプ場から室堂駅までの石畳&階段です。
観光客が歩き易い様に整備されているのは良いのですが、この階段の大きな歩幅がまた辛くて。
ゴール
みんなこうなります

室堂から扇沢への下りも上りと同じルートで乗り物を乗り継ぎますが、室堂の最終トロリーバスは4時半なので、よく時間を確認して乗り遅れないように気をつけましょう。
万が一間に合わなかった時は、室堂でもう一泊する事になります。

実は、我々が行った三連休はギネス級の大混雑で、山頂付近・タテバイの大渋滞により登頂に通常の倍以上の時間を要しました。
それで、この最終バスに間に合わないと予想、剱沢キャンプ場にもう一泊するハメになりました。
通常の週末でもそれなりに混んでいるので、剱沢からの山頂アタックは最低でも5時には出発したほうが良いですね。
因みに剱沢小屋・剱山荘共に満員だと泊まれない場合もあるので、ハイシーズンは要予約です。

車で扇沢まで行った方はぜひこの温泉がオススメ
IMG_0003.jpg
IMG_0002_1.jpg
扇沢から車で5分ほど下ると看板が見えます。
公共の施設らしく、400円と安いし空いてます。

剱岳は険しいイメージが先行しがちですが、実際は山頂以外は比較的穏やかな山です。
ただ、それなりに登山を経験して装備もしっかりそろえておかないと、身動きできない事態も予想されます。
実際、岩場で動けなくなっている人もいました。
しかし、そんな所だからこそ拝めるその渓谷の美しさは圧巻です。

次は、早月尾根ルートを攻めてみたいですね!

byカズ

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 剱岳

2010-09-24 : 北アルプス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

tokyooutdoorlife

Author:tokyooutdoorlife
“アウトドアにちょこっと興味が湧いてきたよ~”って方でも分かり易くをモットーに、トレッキングやキャンプ、そしてバックカントリー等のアウトドアライフをご紹介。

Facebook

twitter

RECOMMEND


あらぺるとオンラインショップ
(ショッピングサイト)


楽天市場
(ショッピングサイト)


amazon/アマゾン
(ショッピングサイト)


L-Breath/エルブレス
(アウトドア用品店)


BAILO/バイロ
(アウトドアウェアメーカー)
BAILOロゴ

OUTDOOR RESEARCH
(アウトドア総合メーカー)


HILLBERG
(テント)


GSI outdoors
(クッカー/調理器具)


Klean Kanteen
(ボトル/マグ)


GREGORY
(ザック/リュック)


KAVU
(キャップ/ハット/小物)


AIGLE
(アウトドアウェア&バッグ)


OAKLEY/オークレー
(サングラス・ゴーグル)


C3fit
(機能タイツ)
GOLDWIN WEB STORE

CW-X
(機能タイツ)
【ワコールウェブストア】公式オンラインショップ☆

じゃらん
(宿泊予約)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。